• >
  • 加圧トレーニングは女性にはきつい?徹底チェック!
       

加圧トレーニング
関連コラム

加圧トレーニングは女性にはきつい?徹底チェック!

そもそも、トレーニングと聞いただけで身を引いてしまうという女性も多いのではないでしょうか。やはり、できることなら最小限動かずにダイエットなどをしたいものですよね。ここで知っておきたい情報が、加圧トレーニングなのです。トレーニングという名の通り、もちろん筋トレなどの運動をするのですが、皆さんが従来から抱いているような「きつい」ものではなく、誰でも短期間で結果を出すことのできる女性に嬉しいものです。基本的な方法や注意点をまとめました。

 

加圧トレーニングはきついのか?

加圧トレーニングは、先に結論を言ってしまえば、きつくはありません。ただし、運動をすることは避けられないので、いつものような筋トレなどのようには息が上がることは少なく、しかし短期間で結果を得ることが出来ます。

その仕組みは、加圧トレーニングを取り扱うスタジオなどで用いられるベルトに有ります。まず、トレーニングをする際にこのベルトを巻きます。ベルトは血流を圧迫し、送られる酸素の量が普段よりも少なくなります。締め付けている間、筋トレなどの運動をすることで、負荷をかけて、脳に「きつい運動をしている」と錯覚させます。

少し締め付けて運動をしたら、緩めて普段の血流に戻します。これを繰り返すことで、ダイエット効果はもちろん、血流が活発になり、冷え性の改善にもつながります。

 

女性でも気軽にできる加圧トレーニング

先ほどまでの説明で、加圧トレーニングの大まかな仕組みを知って頂けたかと思います。通常の筋トレなどにプラスして、負荷を加えることで効果を得られるというものでした。

男性だけではなく、女性にもおすすめしたい点はやはり負荷が少なくて済むことです。つい筋トレなどのトレーニングを自宅で取り組むと、無理をし過ぎてしまって逆に筋肉を傷めてしまったり、思わぬ怪我に至ることも報告されています。加圧トレーニングであれば、専門のトレーナーがいますので、最適な機器を使いながら筋トレへの正しいやり方を知ることができますし、加圧することで筋トレ自体の回数を減らしても効果は見込めます。

ダイエットを応援するサイトなどには、ダンベルを使った筋トレなどが紹介されていますが、用意するのも大変ですよね。加圧トレーニングであれば、スタジオに通うことで簡単にトレーニングができますよ。

 

女性が気を付けておきたいポイント

たくさんのメリットがある加圧トレーニングですが、女性が特に気を付けておいてほしい点をここでご紹介していきます。一番知っておいてほしい点が、トレーニングを控えておいてほしい時期です。

女性には月経がありますよね。思い方や軽い方、周期にも個人差があります。月経時は、トレーニングをしてはいけないということは無いのですが、身体への負担を増やしすぎないように気を付ける必要があります。

次に、持病が無いかどうかです。加圧トレーニングをする際には、スタッフなどから最初に確認されるはずですが、個人で行うつもりであれば一度かかりつけ医に相談してみるようにしてください。病気によっては、脳梗塞の可能性が増えてしまったり、最悪の場合、思わぬ怪我や病気の悪化に繋がってしまう場合があります。

 

まとめ

ここでは、加圧トレーニングは女性に厳しいのではないかということを中心にしてお話してきました。結果としては、女性に厳しすぎるということは無く、上手に使えば大きな効果を見込めます。

その際に気を付けておきたいのが、専門のスタッフの元で行うということと、月経時は無理をし過ぎないこと、持病がある場合は、トレーニングをしても良いかどうかの確認をしておくことでした。

注意点をしっかり守って、より良いトレーニングをしていきましょう!