• >
  • 加圧トレーニングで気軽に筋肉をつける!
       

加圧トレーニング
関連コラム

加圧トレーニングで気軽に筋肉をつける!

筋トレをしているけれど効果があまり感じられない方や、なかなか結果が目に見えず現状に不満をお持ち方は多いのではないでしょうか。定期的に筋トレをしようと思っても、辛すぎて続かなかったり、三日坊主になってしまいますよね。

そんな方におすすめしたいのが、「加圧トレーニング」です。通常の筋トレよりも早く、手軽に筋肉を付けることのできる「加圧トレーニング」について、分かりやすく解説していきます。

 

加圧トレーニングで筋肉を付けるには

加圧トレーニングの仕組みを皆さんはご存知でしょうか。ここではまず、どうして加圧すると良いと言われるのかについて説明していきたいと思います。

そもそもどうして加圧をしなければならないのでしょうか。これは、加圧することで血流を妨げて、乳酸を出させるためです。乳酸がたくさん出てくると、脳が「筋肉が疲れている」と判断をし、筋肉を修復するためのホルモンを放出します。このホルモンによって、筋肉が新たに作られていきます。

勿論、普通の筋トレをしているだけでもホルモンは放出されますが、加圧することで負荷をより大きくでき、ホルモンのその分多く放出されるようになります。ですので、ダイエット効果や腹筋を割りたいなどの願望があり、すぐにでも達成したいという方にはぜひおすすめしたいトレーニング法なのです。

 

加圧トレーニングと筋トレの関係

ここでは加圧トレーニングと筋トレの関係についてお話していきます。ここで皆さんに知っておいてほしい点が、加圧するだけでは何の効果も得られないということです。ついつい楽な方向に流れてしまいますが、加圧しながらトレーニングをすることで筋肉を鍛えることができるのです。

加圧をしたまま筋トレをすると、筋肉には通常の筋トレよりもかなり大きな負荷がかかります。筋肉に届けられるそもそもの酸素量が減ることで、先ほど説明したようにたくさんの乳酸が放出され、成長を促すホルモンが放出されます。筋トレをしない限り、乳酸もホルモンも出ませんので、スクワットや腹筋、背筋などの筋トレを重ねていきましょう。

しかし、どんなメニューで行えばよいのか分からないとい方もいらっしゃるのではないでしょうか。次からは、加圧しながらやるおすすめの筋トレについてご紹介します。

 

加圧トレーニングで鍛えられる部位

加圧トレーニングの仕組みとその効果について皆さんに知って頂けたかと思います。では次は、加圧することと、どんな筋トレをするとより効果的なのかをご紹介していきたいと思います。

まずおすすめしたいのが、スクワットなどの下半身を鍛えるトレーニングと併用することです。下半身の筋トレは身体を支える役割をしており、また太ももなどは一番大きな筋肉ですので、こちらから鍛えていくと後から鍛える筋肉とバランスよくなっていきます。もちろん、腕立て伏せや腹筋など、上半身を鍛える筋トレもしっかりと効果を出すことが出来ます。

トレーニング回数自体は加圧なしの場合と比べてかなり少なく済みますし、男性だけではなく女性も気軽に取り組めるので、少しでも気になる筋肉や体の部分がある場合は一度トレーニングをしてみることをおすすめします。

 

まとめ

ここまで、加圧トレーニングの基本的な仕組みから、おすすめの筋トレまでたくさんのことをご紹介してきました。皆さんの疑問を少しでも解消できたでしょうか。

ダイエットや健康のために筋トレをするといっても、女性や年老いて来るとあまりにもきついものでは身体を壊してしまうので要注意ですが、加圧トレーニングであれば少しの筋トレで結果を出すことができますので、気になる部分がある方は一度検討してみるのはいかがでしょうか。