• >
  • 加圧トレーニングと頭痛の関係とは?
       

加圧トレーニング
関連コラム

加圧トレーニングと頭痛の関係とは?

筋肉を効果的に増強することができたり、ダイエット効果や血流改善効果があったりと様々な効果が期待できる加圧トレーニングは非常に人気のトレーニングです。あまり大きな負荷をかけずに行うことができるので誰にでも取り組みやすいものではありますが、中にはトレーニングをした際に頭痛を感じる人がいるようです。

この頭の痛みというのはなぜ起きてしまうのか、もし痛くなってしまった場合にはどうしたら良いのかなどについてまとめていきます。これまでに痛みを感じたことがある人はもちろん、経験のない人でも加圧トレーニングを行っているのであれば一度読んでみてください。

加圧トレーニングをすると頭痛が起こる?

実際に加圧トレーニングをしている際や、終わった後に頭が痛くなってしまったという人は多くいます。これは運動によって誘発される労作性頭痛というものです。加圧トレーニングに限らず筋トレのような運動をすることによってのみ発症する頭の痛みのことを指します。

原因として挙げられるものはまず脳が酸素不足になるということです。筋トレをすると筋肉が非常に多くの酸素を消費してしまうために身体の中の酸素がそちらに行ってしまい脳に送られる酸素の量が少なくなってしまいます。これによって本来必要となる量の酸素が脳に届かずに酸素不足の状態になってしまい、痛みを引き起こします。

次に水分が不足するということもあります。激しい運動をすると多くの汗をかいて身体の中の水分量が減少してしまいます。すると血液の濃度が通常時より高くなってしまい、血管内をスムーズに流れることができなくなることで血行が悪くなります。血行が悪くなってしまうと流れを良くしようとして血管を広げようとするため、これが神経に触れて痛みが起きてしまいます。筋トレをしている時には、水分をきちんと摂取していても全身の血管が広がりますので脳の血管が広がって神経を刺激することで痛みは起こってしまいます。

その他にも髄液の圧力が上がるという原因もあります。脳は、頭蓋骨の中で脳脊髄液という液体に浸っている状態です。この脳脊髄液は、脳の形を維持したり、脳の水分量を調整したり神経を守るという重要な働きをしています。脳脊髄液に圧力が加わると、頭に血が上るような状態になり痛みが起きます。

痛みが起きるのが運動中か運動後かというのも、どれくらいの時間痛みが継続するのかというのには個人差があります。数分で痛みがなくなる人もいれば、一日以上痛むという人もいます。痛み方にも個人差がありずきずきとした軽い痛みの人もいれば、殴られるような強い痛みを感じる人や立っていられない程の痛みを感じる人もいます。

痛みを改善する方法や対策

加圧トレーニングをすると頭が痛くなってしまうというのは仕方のない部分もありますが、できることならその痛みが起こらないようにしたいですよね。労作性頭痛には予防法がありますのでご紹介します。

まずはトレーニングをする前にはしっかりとウォーミングアップをするということです。ウォーミングアップをすれば徐々に身体を動かしていくことができますが、それをせずにいきなり筋トレなどの激しい運動をすると、血管が急激広がってしまいます。身体にも負担がかかりますし、痛みも起こりやすくなってしまいますので準備体操やストレッチなどをしっかりするようにしましょう。

次に加圧トレーニングをしている時には息を止めないということがあります。トレーニングをする際にはぐっと力を入れることが多いので、その際に息を止めてしまいがちになります。すると酸素が十分に取り込めなくなってしまい、脳へ贈られる酸素が不足して痛みを引き起こします。

また息を止めると血圧が上昇して頭に血が上りやすくなってしまい、髄液の圧が上がってしまったり血管が必要以上に広がってしまうことになり頭痛を引き起こしてしまう原因になってしまいます。無意識のうちに息を止めてしまうこともありますので、意識をして息をするようにしましょう。また水分不足も頭痛の原因になります。トレーニング中は多くの汗をかいて体内の水分が不足してしまいますので、きちんと水分を補給するようにすると良いです。

このような予防をしていても頭が痛くなってしまった場合にはすぐにトレーニングを中断して、安静にするようにします。そして痛みが改善されなければ市販の鎮痛剤を服用したりカフェインを摂取するという方法もあります。カフェインには血管を収縮させる効果がありますので、それによって神経への刺激を抑えることができます。これらの方法を取っても一向に改善しない場合には、きちんと病院に行って医師の診察を受けるようにしてください。

反対に頭痛が改善されることもある!?

加圧トレーニングを行うことによって、労作性頭痛が発生することはありますが反対に元々持病として頭痛を持っている人がトレーニングを行うことによって改善することもあります。

頭の痛みが起きてしまうには様々な原因がありますが、加圧トレーニングによって改善することができるのは緊張性の頭痛です。これはデスクワークやスマートフォンやパソコンの画面などを見続けたり、車を運転し続けたりと長時間前かがみの同じ姿勢でいることが原因です。それによって血液が上手く流れていかなくなってしまい、酸素や栄養が運ばれずに首の後ろや背中、肩が凝って頭の痛みが起きます。

この痛みの原因は血行が悪くなってしまうことにありますので、加圧トレーニングによる血流改善効果によって痛みを改善することができるのです。加圧トレーニングでは加圧ベルトを装着して一時的に圧力を加えて血流を制限します。その状態でトレーニングを行ってその後に除圧を行うことで、制限されていた血流が一気に流れ出します。勢いの良い血液が流れることで血管内の老廃物を流すこともできますし、普段は行き届かない身体中の細部にある毛細血管まできちんと血液が行き届くようになり全身の血行が良くなります。

血行を良くする運動は他にも沢山ありますが慢性的に痛みがある場合や、肩や背中に凝りがあると身体を動かすのもなかなか難しいです。加圧トレーニングは大きな負荷をかける必要がありませんし、トレーニング時間も短く頻度も少なくてもきちんと効果を得ることができます。

緊張性の頭痛というのはストレスが原因になることも多く、トレーニングによって気分転換をしてストレスを発散させることも効果があります。頭の痛みに悩まされている人は一度試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

加圧トレーニングと頭の痛みには深い関係があります。加圧トレーニングや筋トレのような運動を行うと、労作性頭痛というものが引き起こされる場合があります。これは血管が拡張されることで神経を刺激することや、脳に酸素が上手く供給されなくなってしまうことが原因で起こります。

ウォーミングアップをきちんとして急激に血管が広がることを防いだり、しっかりと水分を取ることや意識的に息をすることなどによって予防することもできますがそれでも痛みが出てしまった場合にはすぐにトレーニングを中断するようにしましょう。休憩をしても痛みが改善されない場合には、薬を服用したり病院に行くなどして対処するようにしてください。