• >
  • 加圧トレーニングに効果的な食事メニューとは?ご飯で糖質摂取!
       

加圧トレーニング
関連コラム

加圧トレーニングに効果的な食事メニューとは?ご飯で糖質摂取!

加圧トレーニングは短時間でおこなうトレーニングではありますが、案外お腹が空きます。ですが、トレーニング前の食事も大切ですがトレーニング後の食事メニューについても重要なのはご存知ですか。正しく、栄養を摂取する事でダイエットや肌荒れ、健康的な体を手に入れることが出来るのです。トレーニング期間中の食事メニューに関しては何でもいいでは駄目と言う事です。それでは、どんな食材であれば加圧トレーニングの効果に反映されるのでしょうか。

加圧トレーニング中は食事のメニューに注意

加圧トレーニングは、腕と脚の付け根に専用のベルトをつけてトレーニングを行います。ベルトをつけながらトレーニングを行うことで血流を制限することが可能になります。血流制限をおこなう事で、短期間で脂肪燃焼や筋力を付けることが出来るのです。

しかし、加圧トレーニングだけでは効果は出ませんバランスの良い食事を摂取することが大切です。加圧トレーニングをする前に摂取しておくと良い食事メニューとは何でしょうか。

なるべく糖質を摂取しておくのがおすすめです。糖質は疲れなどを軽減してくれるのでトレーニング中には必要な栄養です。また、トレーニングでは体を動かさなくてはいけないのでお腹いっぱいに食事をするのはマイナスです。お腹が重くて動けなくなるだけではなく、気持ち悪くなってしまいます。

特に加圧トレーニングは、血流に圧をかけるので他のトレーニングとは違い短時間で効果を出す様になっています。勿論、トレーニング後はお腹が減ります。ですがトレーニング前の食事は少なめにしなくてはいけません。

しかし空腹でのトレーニングも体には良くないのでエネルギー源になってくれる食材を使用したメニューにしましょう。特に糖質、炭水化物、タンパク質が含まれている食材を使用したメニューを考えるのが良いと考えられます。

簡単に済ませることが出来るのであれば、お米や麺類もおすすめです。果物の中ではりんごやバナナも糖質がはいっているのでエネルギー源になりやすく栄養素も高いのでとても助かります。簡単に持ち運びが出来る点から、バナナは良いかもしれません。トレーニング前は胃腸に負担をかけない食事メニューが良いと考えられているので、味の濃いものや、お肉などは食べたくなるかもしれませんがトレーニング後まで我慢しましょう。

体をスッキリさせるには、脂質が多い料理も避けなくてはいけません。加圧トレーニングはダイエット効果もあります。ダイエットを期待しているのであれば、食事メニューがとても重要になってくるので、トレーニング後にも気を使わなくてはいけません。短期間で効果が見られると評判の加圧トレーニング、成功するには徹底的に食事にもこだわっていきましょう。

加圧トレーニング中、ご飯を食べていいのか?

加圧トレーニング中の食事については、色々気をつけなくてはいけない事もありそうです。加圧トレーニング期間中は、集中的に体を変化させる事になるので、なるべく栄養素の高い食事メニューを考えなくてはいけません。

トレーニング前の食事が、少なめだった事もあってトレーニング後に沢山食べたくなってしまうかもしれませんが、そこは要注意です。せっかく加圧トレーニングで痩せやすい体にしたのですから、トレーニング後の食事も痩せやすいメニューを摂取するのがおすすめです。

先に、摂取を少し避けたほうが良い食材から確認しておきましょう。小腹が空いた時につい手が出てしまうのが、お菓子です。お菓子は少しだけなら平気だと思い、食べ始めてしまうと完食してしまっている場合が多いです。お菓子には体に良い栄養素が少ないので、本当に食べたいのであれば量をきちんと決めて食べる様にしましょう。

他にも、カロリーの高い物をトレーニング後に摂取するとすぐに脂質として体に吸収されてしまうのでなるべくは食べないのがおすすめです。ちなみに、カロリーの高い食べ物と言うと、ピザやハンバーガーの名前がよくでますがチーズや生クリームなど甘いものも意外とカロリーが高いので食べ過ぎに注意をしましょう。

自分では、そんなに食べてないから大丈夫と思っていても案外、満腹になるまで食べてしまうことはありませんか?加圧トレーニング中は、栄養素の高い食事メニューを考えるだけではなく食べすぎに気を付ける様に精神面でもトレーニングが必要になってきます。基礎代謝が加圧トレーニングでアップしている状態なので、太りにくい食事メニューが大切になってきます。トレーニング後はお腹が減るので、野菜ばかりではなくお肉を食べても平気なのか心配になります。

お肉の中でも鶏肉は脂肪分が少ないので加圧トレーニング期間中のメニューには最適です。勿論、牛肉や豚肉も摂取するのは問題ありませんが見た目通り脂肪が多い肉でもあります。少なめにして、野菜多めの食事でカバーすれば問題ないと感じます。

色々な視点から、加圧トレーニング期間の食事メニューを考えていると少し窮屈に感じるかもしれません。ですが、どれも絶対に食べてはいけないものはなく、ただ摂取の仕方を工夫してもらうだけでいいのです。加圧トレーニング期間中だけではなく、普段の生活から見直し食事は腹八分目を目安に食べる様にしましょう。トレーニングと食事メニューの改善だけで、健康な体になれます。

加圧トレーニングで効果的な食事メニューとは?

普段、食事メニューに気を使って生活していますか?実際は何か理由がないと食事に気を使った生活などしない人が殆どだと感じます。加圧トレーニングでは、痩せやすい体に変えていく為のトレーニングでもあるので体内で必要のない脂肪を燃焼させ太らない体づくりに効果的と言われています。
太らない体になる為には毎日必ず栄養素が高い、尚且つ脂肪が少ない食事メニューを考えなくてはいけないのですが、今まで気にしたことがなかった人にとってそれは難しい問題です。

脂質が少なくて、加圧トレーニング中でも食べた方が良いとされているメニュー又は食材について考えてみましょう。まず、トレーニング後はエネルギー源が減ってしまっている為、味が濃くてガッツリしたメニューを考えるかもしれませんが、それをしてしまうとせっかくの加圧トレーニングの意味をなくしてしまいます。どうしても、お肉やお腹を満たせる食材を使用したいというのであれば、鶏肉がおすすめです。鶏肉は脂肪が少ないので余分な脂質を体内に入れずに済みます。

鶏肉、牛肉、豚肉それぞれ人間の体づくりには欠かせないアミノ酸が含まれています。アミノ酸だけでも充分なのですが、たんぱく質もあるとより良い体づくりが出来るのです。脂肪を避けた食材を考えると鶏肉を使用した料理は、加圧トレーニング中には最適なメニューと言えます。他にも、たんぱく質が豊富な事からゆで卵は人気です。ゆで卵だけで食べるのに抵抗がある人はレタスやキャベツなど食物繊維たっぷりの野菜と合わせてサラダにして食べても効果的です。

どんな食材でも栄養素が高く、食べれば体にいいものばかりだとは思います。ですが、気をつけなくてはいけない点として加圧トレーニング中は栄養素が体に吸収されやすいので迂闊に甘いものや脂質が多い食材を食べ過ぎないようにしなくてはいけません。

まとめ

加圧トレーニングは専用ベルトを使用して腕と脚の付け根に付ける事で血流制限をしながらトレーニングを行います。短期間でも効果が出るので、続けやすいと人気があります。肉体改造を強く考えている人には最適なトレーニングとも言えます。

加圧トレーニングだけでは、良い体づくりをする事は難しく必ず栄養素の高い尚且つ脂質が少ない食材を使用して食事メニューを考えなくてはいけません。どんな食材がおすすめなのか調べておきましょう。加圧トレーニング、食事メニューどちらも気を使わなくてはいけないので大変とは思いますが、一度その体になれば健康に過ごすことができます。良い体づくりを目指しましょう。