• >
  • 脳梗塞の後遺症には加圧トレーニングが効果的?事例を紹介
       

加圧トレーニング
関連コラム

脳梗塞の後遺症には加圧トレーニングが効果的?事例を紹介

脳梗塞で体に後遺症が残った場合は、健康だった時に比べて体を自由に動かすのが難しくなります。頭の中ではこう動かしたいと思っていても体が動いてくれません。脳梗塞は発症してすぐよりも、後遺症と向き合う時間の方が辛いと言われています。少しでもその辛さを軽減する方法として、加圧トレーニングをリハビリに取り入れている方法があるそうです。加圧トレーニングは脳梗塞になった経験がある人でも大丈夫なのか不安になります。事例と合わせて効果などを調査しました。

加圧トレーニングはリハビリ効果あり!

加圧トレーニングは、脳梗塞で後遺症を発症した人たちのリハビリに使われています。脳梗塞と言う病気は、脳の中にある血管が詰まってしまう病気です。発症してから治療が遅い場合は、死に至る怖い病です。重度の脳梗塞を発症すると、自分では立っていられなくなり倒れてしまいます。発症してからすぐに気づき治療ができている場合は、後遺症もなく普通の生活に戻れる可能性が高いです。

脳梗塞を発症した人の事例では、治療が早かったお陰で後遺症もなく退院出来たと喜んでいても数年後に脳梗塞の後遺症が出ることもあります。脳梗塞の後遺症には、どんな症状が出るのでしょうか。脳の血管の中でも出血した箇所によって、出る後遺症が違います。体のどこかが麻痺をしているだけでも、人はストレスを感じ病気のせいで心の病になる人も多く、体を動かす事や外に出る事をしなくなってしまいます。今までとは違う生活に戸惑う気持ちは、後遺症を持っている人の殆どが感じている事です。

加圧トレーニングが脳梗塞の後遺症を軽減してくれると言う事例を紹介致します。脳梗塞を患っている方で何年もリハビリを続けた結果、麻痺をしていた部分が少しずつ動かせる様になったそうです。ですが、そこからのリハビリが大変で少し動かせる様になってから先にすすめない状態で月日ばかり過ぎていました。そんな時、試しに加圧トレーニングに挑戦した所、麻痺で少ししか動かなかった所が徐々に動かせる様になり通常まではまだ難しいですが、殆ど人の手を借りずに日常生活を送れる様になったそうです。脳梗塞の後遺症で悩んでいる人が加圧トレーニングをリハビリに取り入れた所、改善の兆候がみられるといった事例を幾つか聞くようになりました。

加圧トレーニングは血流制限をする為の専用ベルトをつけてトレーニングを行います。健康な人の体とは違い、トレーニングと言うよりもリハビリを取り入れているので軽く体を動かす感じにはなると思います。加圧トレーニングの場合、軽い運動だけでも沢山運動した感じになります。そういった点からも体に負担をかけずに血流をよくする事が可能なトレーニングだと思います。まだ絶大な効果があったと言う事例は少ないのですが今後、確実に加圧トレーニングは脳梗塞後遺症のリハビリで活用される事になると感じます。

加圧トレーニングで後遺症を緩和

脳梗塞を発症する原因の一つには血流が大きく関わっているようです。血管の中で血流の悪さから血栓の塊ができてしまい、血液が流れなくなります。簡単に言うと血管が詰まっている状態です。詰まってしまうと、脳の神経細胞が死んでしまいます。特に重要な血管が詰まってしまった場合、栄養や酸素が行き届かなくなり死亡する事例もあります。脳梗塞を発症してすぐに治療をする事が出来れば命は助かりますが、後遺症が残る可能性があります。後遺症は人によって違うので、それに合わせてリハビリを行う必要があります。

言語障害などの後遺症の場合は、言葉を発する練習をします。身体的な後遺症がある場合は体を動かすなどのリハビリを繰り返す事になります。リハビリは、麻痺で動かなくなった体を無理やり動かさなくてはいけないので人によっては痛みを伴います。一生懸命やりすぎると体への負担もあるので体調に合わせてリハビリを行います。動かしにくくなった体と向き合うのは気力も体力も必要になるという事です。

脳梗塞発症後、後遺症で悩んでいる患者さんの負担を減らす為に、加圧トレーニングを始めている病院が増えています。加圧トレーニングは最新のトレーニング方法として注目されています。主に、ダイエットや体質改善などで有名になっていますが後遺症緩和でも注目されてきています。脳梗塞の原因となっている血流の悪さを加圧トレーニングで良くさせる事が可能なのです。普通のリハビリではかなりハードな運動をしなくてはいけませんが、加圧トレーニングは軽い運動だけで筋力も上がり、血行も良くなるという効果が証明されています。

脳梗塞の症状にもよりますが加圧トレーニングでリハビリが出来れば後遺症の改善も期待できます。普通の生活を取り戻すのにはとても時間がかかると同時にメンタル面でも疲れがあると思います、何より自分のペースに合わせて無理なくリハビリがおこなえる事が大切です。

やり過ぎは危険!体調を考慮して適度に

加圧トレーニングが脳梗塞の後遺症に良いという事例が増えたおかげか、最近は積極的に医療の現場でも取り入れられています。意外と怖い血行不良は、脳梗塞だけではなく他の病気までも引き起こします。その際に起きる後遺症も人それぞれなので、リハビリ方法にも違いがあります。

加圧トレーニングで注目されている部分は、元々筋力が少ない人でも軽いトレーニングをするだけでハードなトレーニングをしているのと同じになると言う点です。年齢を重ねるとトレーニングがきついと感じるのは普通の事です。それが後遺症のリハビリとなるとなおのこと体力を奪います。病気で体力がない人はリハビリも体の負担になる可能性が高くなってしまいます。その点、加圧トレーニングは短時間、短期間で効果が出るので患者さんの体調やメンタル面でもだいぶ負担が軽いのではないでしょうか。

後遺症で悩んでいる人の事例では、思うように体が動かせないストレスは何よりも辛く、リハビリをしていても良くならない、時間がかかるといったマイナスな意見が多く聞かれます。加圧トレーニングも効果には個人差がありますが、普通のトレーニングよりもハードではないことは確かです。健康な体とは違い、病気をしている体なので初めから加圧が負担になる可能性もあるので時間やトレーニング量などを調整して無理なくやっていくのが一番です。

また、頑張り過ぎも要注意です。早く元の生活に戻りたいと言う焦りから、加圧トレーニングの回数を増やすのもとても危険なので止めましょう。体調がすぐれない時や疲れている時に加圧をするのは脳梗塞の再発の恐れがあります。医師とよく相談して、体調に気を使いながら加圧トレーニングのリハビリをしていきましょう。

まとめ

脳梗塞を発症した人がもっとも辛いと感じる後遺症、更に後遺症を改善する為のリハビリも続けるには根気が必要です。短時間、短期間で効果がでると言われている加圧トレーニングが脳梗塞の後遺症緩和に良いという事例をよく聞くようになりました。

加圧トレーニングは、軽いトレーニングだけで血流も良くなり筋力もつくので病気で体力を失っている人にはベストなリハビリに感じます。体調面などに気をつかい上手に加圧トレーニングを取り入れる事が出来れば早い段階で後遺症の改善がみられるかもしれません。後遺症に絶大な効果があると言う事例はまだありませんが、この先加圧トレーニングが患者さんを助ける重要な存在になる気がします。