• >
  • 自宅で出来る加圧トレーニング
       

加圧トレーニング
関連コラム

自宅で出来る加圧トレーニング

スタジオが近くにない、時間がない、お金がないなどの理由で、加圧トレーニングに興味があっても「どうせ無理」と諦めている方も多くいらっしゃいます。しかし、もし家で気軽に出来る加圧トレーニングがあるとしたらやってみたいと思われる方も多いのではないでしょうか?こちらでは自宅でトレーニングを行うメリットや事前に用意しておきたい物、自宅で行う場合の注意点について詳しくご説明します。

自宅で行うメリット

メリットの1つ目は、何と言っても「時間を気にせず気軽に出来る」ことです。早朝でも深夜でも思い立ったらすぐに出来るので、仕事が忙しい方でも大丈夫です。「終業時間が遅いので、トレーニングに行きたくてもいつもスタジオが閉まっていて通えない!」という方でもOK。自宅がスタジオ替わりになるので、近隣に加圧トレーニングスタジオがない方にもおすすめです。

メリットの2つ目は、「費用がぐっと安くなる」こと。スタジオに通う場合は、月会費がかかりますし、電車やバスなどの公共交通機関を利用したり自家用車で行ったりする場合は交通費やガソリン代がかかりますが、自宅ならば最初に必要な物を用意すればあとはタダです。

メリットの3つ目は、「お天気や交通状況に左右されない」こと。当然ですが外に出る必要がありませんから、雨の日や雪の日でも気軽にその場でトレーニングできます。暑い日や寒い日も、自分の好みに合わせてエアコンの温度を設定できますから、快適な環境でのトレーニングが可能になります。また、スタジオに通う場合は何らかの理由で交通機関がストップしたり道路の大渋滞が発生した場合、トレーナーとの約束の時間に間に合わない恐れがありますが、自宅ならばもちろん遅刻の心配もありません。

また、4つ目のメリットとしては「人に気兼ねしなくて済む」という点も挙げられます。加圧トレーニングスタジオでは、専属のトレーナーがマンツーマンで指導してくれますが、人見知りの方や初めての方の中には1対1ということで緊張してしまう方もいらっしゃるようです。また、男性のトレーナーに全身の動きをじっくりと見られるのが恥ずかしいという方や、食生活や生活のリズムなどをあまり人に詳しく話したくないという方もいらっしゃるかもしれませんが、一人でトレーニングを行う場合は、そのような心配もありません。

初心者の方はその日あまり体調が良くなくても、トレーナーに気を使ってなかなか言い出せないこともあるかもしれませんが、自分の家で行うのならすぐに中止できますし、その後お風呂に入ったり寝たりするのも自由です。

どのメリットも非常に魅力的ですし、どれもストレスフリーですからメンタル面にも良いはずです。このように、自宅で加圧トレーニングを行うメリットはたくさんあります。

自宅トレーニングに必要な物

次に、自宅でトレーニングをする場合に必要な物を順番に見ていきましょう。

まず、服装ですがこれは通常のトレーニングと同様の物で構いません。スポーツジムに通われている方ならばTシャツとハーフパンツで十分ですし、スポーツ専用のものでなくても通気性が良いものであれば普段着のTシャツと膝上の薄手のパンツでもオーケーです。ただし、上下とも伸縮性のある物の方が良いでしょう。また、加圧ベルトを二の腕と桃の付け根にまく必要がありますので、それらの部分を覆うタイプの上下を用意してください。タンクトップなどは肌にじかに加圧ベルトを巻くことになり、かぶれの原因になるので避けておかれる方が良いでしょう。

ちなみに、シューズは必要ありません。また、裸足でも靴下を履いてもどちらでもOKです。フローリングの上で行う場合は、滑り止めのついた靴下を履くか、裸足の方が安全でしょう。タオルも、それほど汗をかきませんからスポーツ専用のタオルなどもいりません。

次に、先ほど申し上げた加圧ベルトです。こちらはネットでもたくさんの種類が発売されていますが、自分に合った加圧レベルを把握して効果的にトレーニングを行うためにも、加圧トレーナーのいるスタジオで購入することをおすすめします。その場合は、資格を持ったトレーナーから講習を受ける必要があります。講習はおよそ1時間程度です。加圧ベルトの値段は、上下セットで3万円~10万円と幅がありますので、様々な物を試してご自分に合ったものを購入するようにしてください。

このように、運動しやすい上下のウエアと加圧ベルトさえあれば、自宅でトレーニングを開始することができます。スポーツジムのように大掛かりな器具もいりませんし、トレーニングスペースもそれほど必要ありませんから、気軽に始められそうですね。

自宅で行う時の注意点

最後に、自宅でトレーニングを行う時の注意点についてです。まず、トレーナーが傍にいないことで起こり得るリスクをあらかじめ十分に把握しておくということが大切です。リスクには、どのようなものがあるのかを順を追ってご説明します。

1つ目はトレーニングの時間です。加圧トレーニングは1回15分から20分で効果が得られますが、1人だとついがんばりすぎてしまう恐れがあります。また時計を見るのを忘れて、気がついたら1時間もトレーニングをしていたということもあるでしょう。その結果、体に大きな負担がかかってしまい筋肉を傷めてしまう恐れもあります。スマホのタイマーなどを使って時間を計りながら行うようにしてください。

また、毎日やる必要はありません。逆に筋肉を傷めてしまう恐れがありますし、加圧トレーニングはトレーニングの後も効果が持続すると言われていますので、週1回で十分です。多くのスタジオでも、週1回のトレーニングを推奨しているようです。「週1では物足りない」という方は、ストレッチや軽いジョギング、ウォーキングなどの有酸素運動を行ってください。

2つ目は加圧ベルトの巻き方です。早く効果を感じたいからと言って、最初にトレーナーに設定してもらった圧よりも強く巻いてしまう方もいらっしゃいますが、これは大変危険ですので避けてください。

3つ目は、トレーニングをいつやるかです。早く寝たいからと言って、食後すぐに行ったり、空腹を我慢して行うことはおすすめできません。食事をしてから1時間ぐらいを目安に開始するようにしましょう。

4つ目は、体調管理です。例えば一人暮らしの方の場合は、トレーニング中に具合が悪くなっても助けを求められません。できれば友達や彼氏が傍にいる時に行われる方が良いでしょう。また、1人で行う場合は、少しでも体調に異変を感じたらすぐに中止する勇気を持つことも大切です。

5つ目は運動効果です。どんなに頑張っても体が引き締まらない、効果が出ないという場合は、トレーニング方法がご自分に合っていないかトレーニングの仕方が間違っている可能性もありますので、最初にどのようなトレーニングが必要なのか、また正しいやり方は何かということを、事前にスタジオのトレーナーに相談しておかれる方が良いでしょう。

まとめ

自宅での加圧トレーニングは思い立ったらその場ですぐに出来て、お財布にも優しい、とても魅力的な方法です。準備も簡単ですし、場所も取りませんから、トレーニングにあまりお金をかけたくないという方や、部屋が狭いという方でも気軽に始められます。

しかしその一方で、リスクもあることがお分かりいただけたかと思います。加圧トレーニングを行う目的は人それぞれですが、早く理想の体型に近づきたいからと無理なとレーニングをして体を壊しては元も子もありません。
自分の体の声に耳を傾けながら、焦らずに少しずつ取り組んでいきましょう。