• >
  • どうして筋トレは太くなる?加圧トレーニングは太くならない?
       

加圧トレーニング
関連コラム

どうして筋トレは太くなる?加圧トレーニングは太くならない?

美しい体型を手に入れる為ダイエットに励む方は多くいますが、その中でも加圧トレーニングを含む筋トレは代謝が良くなるので注目を浴びています。しかし間違ったトレーニングをすると太くなる?とも言われていて、鍛える事に抵抗を持っている方も少なくありません。まず自分の体形を分析し、どの様なアプローチが必要なのかを確認した上でダイエットを行うのが成功への近道です。ここでは鍛え方やダイエットについてのノウハウを公開しています。

食事制限に走る理由

体型作りをする場合、食事制限に走ってしまう理由は複数ありますが「運動に対する抵抗」があげられます。これまで運動をしてこなかった方としては「運動すると筋肉が付き、ムキムキになってしまうのでは?」「華奢な身体になりたいので筋肉はいらない。」そう思い、食事制限のみのダイエットに走ってしまう様です。確かにこれまでの食生活があまりにも酷い場合、ある程度の食事制限で効果はあります。

しかし「もう少しだけ痩せたい。」「最近ぽっちゃりしてきた。」というレベルで食事制限のみのダイエットをすると脂肪と共に筋肉も分解され、代謝が低くなりリバウンドしやすい身体になります。

単純に知識が無い為に筋トレ=太くなる?と勘違いして、自ら痩せにくい身体になる事を加担してしまうケースもあります。ダイエットをするなら、まずは正しい知識を得る事から始めて下さい。

筋肉太りって知っていますか?

筋肉をつけると太くなる?と疑問視されているのは、筋肉太りから来ている様です。この太り方は学生時代に運動習慣がありそれによって付いた筋肉の上に脂肪がのってしまう状態です。学生自体の生活からガクンと運動習慣が減ったにも関わらず、食生活を変えていない方が陥りやすい太り方です。

しかしこの太り方はベースに筋肉があるので、脂肪太りやむくみによる太り方よりも痩せやすいのも事実です。ピークの時と同じとは言いませんが少しずつ運動習慣を身に付けていきましょう。元々代謝が良い状態なので、すぐに体型が変わるのがほとんどです。

それでも体重が減らない、体型が変わらない場合は食生活を見直すのも大切なポイントです。但しきつい食事制限はストレスの元になったり、筋肉を分解してしまう原因になったりするので五大栄養素をバランスよく摂取する必要があります。

筋肉には種類がある?

アウターマッスル・インナーマッスルという言葉を聞いた事がありますか?フィットネスに励んでいると時折聞きますが、簡単に言うと前者は皮膚の近くにある筋肉で、外から見えやすいです。後者は骨や内臓近くにある筋肉なので、見た目には分かりにくいです。ボディビルを目指す場合は前者が発達していると見栄えが良く、後者は姿勢の改善や身体の軸を鍛えたい時に向いています。

アウターマッスルは運動能力を向上させる効果もあるので、筋トレでアウターマッスルを鍛える事で趣味や運動のパフォーマンスが上がります。アウターマッスルが鍛えられていないと猫背や臓器の冷えに繋がりやすく生活に身近な筋肉です。アウターマッスルはトレーニングが難しく通常の筋トレは無く、加圧トレーニングなどで効率的に鍛えるのが良いです。

ヨガで体幹を鍛える

女性が好んで行う運動と言えばヨガですが、実はとても深い歴史があります。古代インドが発祥の地で、元々は瞑想目的や宇宙や自然と一体化する為に行われていました。

それがダイエットや身体を鍛える目的に改変されたのが今日のヨガです。ヨガはしなやかな身体を作るだけでは無く、インナーマッスル(体幹)を鍛えられるのでダイエットにぴったりの運動です。ストレッチ目的に軽いものだけでは無く、筋トレ効果の高いパワーヨガ、岩盤浴で行いデトックス効果を高めるホットヨガなど目的に合わせて様々なタイプがあります。

筋肉をつけるという目的だとやや効果が薄いですが、全く運動経験の無い方や身体の柔軟性を高めたい方は自己流で有酸素運動をするよりも、ヨガが良いです。頻度は週2~3回、1時間程度を目安に行います。スタジオ・自宅どちらでも出来るのも嬉しいポイントです。

インナーマッスルを鍛えるには加圧トレーニングがGood

インナーマッスルは生活をする際に役立つ筋肉で、特に冷えを感じやすい女性にはぜひ鍛えて欲しい部位です。臓器周りに筋肉が付くので冷えを感じにくくなるのはもちろんですが、温まった臓器は動きが良くなるので代謝アップも期待出来ます。

ちなみにインナーマッスルを鍛えるのはヨガがおすすめと説明しましたが、無酸素運動であれば加圧トレーニングが良いです。この方法は従来の筋トレと違い、負荷をかけずに行うのでダンベルなど重量のある器具を使いません。その代わり、加圧ベルトといって手足に圧をかける器具を装着して脳に高負荷がかかっていると錯覚させます。それによって成長ホルモンが分泌され、筋肥大効果があります。

成長ホルモンは老化を緩やかにする効果があるのでアンチエイジングにもぴったりです。これらの事から女性を中心に加圧トレーニングがトレンドになりつつあります。

ストレッチの重要性

「運動したいけれど、身体が硬いので思う様に動かない。」確かに身体が硬い人はいますが、生まれつき身体が硬い人は存在しません。乳幼児~幼少期の身体はとても柔らかく、180度開脚をなんなくこなします。それが小~中学校になって運動習慣に差がつく事で身体の柔軟性が決まります。

それを解消してくれるのがストレッチです。ストレッチは筋肉を伸ばしてくれるので、それによって身体が柔らかくなります。柔軟性が向上するとケガをしにくくなり、姿勢が良くなります。それによってダイエット効果もあるので侮れません。

運動した後は面倒だ、疲れていると思うかもしれませんがクールダウンだけでは無く、筋肉をうまく休ませる為にもストレッチを行って下さい。加圧トレーニングも同じ事が言え、スタジオでは必ず5~10分程度のストレッチを行うのがポピュラーです。

太くなる?痩せる?にこだわらない!

筋トレしたら太くなる?痩せる?ダイエットをしているとこれらのワードに敏感になりますが、あまりこだわり過ぎる必要はありません。確かに筋肉が付くと一時的に太くなりますが、まだ脂肪が燃焼しきっていないからです。そのまま運動を続けていれば脂肪は少しずつ燃焼していきますので、結果的に自分の理想の身体に近付きます。

少し太くなった時点でダイエットをやめてしまうと中途半端な状態のままになるのでもったいないです。どうしても筋肉をつけたくないと言う場合は、別の項目で説明したインナーマッスルを重点的に鍛えると良いです。

但し見えない筋肉と言っても身体の芯を鍛えるので、全く運動をしていない時よりも引き締まった状態になるので全く変化がないと言う訳ではありません。

まとめ

トレーニングをすると太くなる?という質問ですが、加圧トレーニングを含む筋トレをすると確かに一時的に太くなります。しかしそれは筋肉が付き始め、脂肪がまだ燃焼され切っていない状態なのでそのままトレーニングを続ける事に意味があります。

筋肉には2種類あり皮膚に近いアウターマッスル、内臓や骨に近いインナーマッスルがありそれぞれ特徴があります。ダイエットを成功させる為には運動の種類だけでは無く筋肉やアプローチ方法について正しい知識を身につけるのが成功の近道です。