• >
  • ダイエット目的なら週1でもOK!加圧トレーニングのアレコレ
       

加圧トレーニング
関連コラム

ダイエット目的なら週1でもOK!加圧トレーニングのアレコレ

健康的で美しい身体を手に入れる為には、ある程度の努力が必要です。始めた当初は楽しいのですが、結果がでなかったり、習慣になったりするとモチベーションが下がり辞めてしまう事も考えられます。特に週に何度も運動しなければならないのは、社会人にとっては効率が悪いと感じるケースもあります。しかし加圧トレーニングなら週1からでも十分な効果を感じられるので、これまで途中挫折をしてきた方にこそおすすめの方法です。

ダイエットは継続が重要

毎日少しずつでも良いのでコツコツと積み上げていくのは、その人の力を伸ばす事になります。ダイエットにも同じ事が言え、まずは運動習慣を身につける必要があります。過去に運動をしていたまたは運動が大好きという方にとっては苦ではありませんが、そもそもそんな方はダイエットをする程ではありません。

すなわち、ダイエットの大敵は「モチベーションの低下=習慣付け出来ない事」にあります。また運動と聞くと毎日行わなければならないイメージがあり、日中仕事や家事があると中々出来ないです。しかし年齢と共に代謝と筋肉が落ちていき、これまでと同じ食生活・運動習慣にも関わらず太りやすくなるのも事実です。

「明日から頑張る。」と思うのは良いですが、ずるずると先延ばししても代謝・筋肉が落ちるのは待ってくれません。決めた時がやり時なので、今すぐに始めましょう。

有酸素運動だけではNGな理由

有酸素運動ですが、ジョギングやウォーキング・ヨガにスイミングなど全身に軽い負荷をかけて行う運動なので、身体一つで出来る手軽さが人気を呼んでいます。しかし効率の良いダイエットとした場合、有酸素運動はあまり良いとは言えません。

有酸素運動は体内にある酸素を分解して、エネルギーにします。その後、脂肪や筋肉を分解していくのですがこの状態になるまで最低でも20分以上かかります。負荷がかかっていないので成長ホルモンの分泌が緩やかで、代謝を高める為の筋肉を生成する事はありません。簡単に言えば脂肪と筋肉を消費するので、ガリガリの身体になります。

アスリートは専属トレーナーが付き栄養指導をしているので問題はありませんが、有酸素運動ばかりしていると脂肪も筋肉も無い、健康的とは言い難い身体になるリスクが高くなります。

筋トレはジム・自宅どっちがいい?

無酸素運動と言えば筋トレですが、近年では筋トレ=ジムではなく自宅でトレーニングをするホームトレーニーも多いです。どちらも一長一短ですが、それぞれの特徴を公開します。

まずジムへ通う場合、専用の機材があるのですぐに本格的なトレーニングを始められます。トレーナーがいるので、フォーム指導だったりオリジナルメニューを作ってもらえたりするのがメリットです。但しジムは有料で質の高いサービスを受けるなら月額制になります。ジムにもよりますが月額平均6~9000円の費用が発生するのがネックです。

ホームトレーニングの場合はジムのデメリットである費用の面が大幅にカットされます。自分の好きな器具を揃えられるし、スキマ時間にトレーニングが出来るのは大きなメリットです。しかしホームトレーニングをする場合、メニューからメンテナンスまで全て自分でやらなければならなく、また器具をおくスペースも必要になってきます。

加圧トレーニングなら週1でOK!

ジム・ホームトレーニング、どちらも良い方法ですが更に効率的にダイエットをするなら加圧トレーニングが良いです。筋トレの場合、最低でも週3回程度はトレーニングが必要ですが加圧トレーニングは週1からでもOKです。1回につき30分程度でトレーニングが終了するので、仕事帰りにジムへ行ってもさほど苦にはなりません。

このトレーニングは加圧ベルトで身体に圧をかけて、脳に負荷がかかっていると錯覚させます。錯覚した脳は修復を早める為に成長ホルモンを分泌し、このホルモンが筋肉をつける材料になります。成長ホルモンは傷ついた筋繊維の修復だけでは無く、細胞を活性化させるので美容や健康にも効果があります。

せっかくダイエットするのなら、キレイになりたいのは当然です。加圧トレーニングで賢く・効率的にキレイになりましょう。

初心者がやるべきトレーニングとは?

いくら加圧トレーニングが効率的、効果的といわれてもやり方がわからないのなら意味がありません。特に運動経験の無い初心者は自分の限界がわからず、無理をして身体を痛めてしまう場合もあります。

初心者にこそおすすめしたいトレーニングと言えばプランクです。いわゆる体幹を鍛えるトレーニングなので、どんな方にもおすすめです。腕立て伏せの様な体制になり、肘を付けて30秒を3セット。意外ときついですし、これだけで筋肉痛になる事もあります。

スクワットはお尻や太ももなど大きな筋肉を鍛えられます。脚の付け根に加圧ベルトを巻き、出来るだけゆっくり10~15回と3セット行います。負荷がかかっていない分、最初は辛いと感じませんがしっかりと鍛えてくれるのでダイエット初心者は、まずここから初めて下さい。

効果が出ないと思った時にやる事

週1で加圧トレーニングをしているけれど、思ったよりも効果が出ていない。その時は期間・頻度を確認して下さい。トレーニングは食事制限ダイエットと違い、身体の根本を変えていくので1週間程度で変わる事はありません。最短でも3ヶ月程かかるので、今すぐに痩せたい場合は別の方法を考えて下さい。

続いては頻度です。週1からでも問題ありませんが、身体が慣れてしまうケースもあるので週1でも時間を伸ばしたり、2~3日空けてからトレーニングしたり変化をつけると良いです。

それでも効果が感じられない場合は食事に注目して下さい。筋繊維を修復するたんぱく質が枯渇していると筋肉が育たないので、五大栄養素を意識してしっかりと食事をして良質な睡眠を取って下さい。もちろんストレスを溜めない様にするのもトレーニングの一部ですので、趣味を作りうまく発散して下さい。

食生活に気をつけてダイエットを成功させる

食事は身体を作っていくものなので、ダイエットをする際にはとても大切なポイントになります。五大栄養素を意識すると言っても、普段から意識している方は稀です。ライフスタイルによっては自炊をする暇が無く、外食ばかりという方もいるでしょう。

トレーニングをする際に大切なのはたんぱく質です。これは筋肉の栄養素になるので、たんぱく質が枯渇していると身体は筋肉を肥大化させる事は出来ません。そして良質な油分、炭水化物も大切な栄養素です。

近年では糖質が良くない物をイメージ付けられていますが、炭水化物を摂取しないと脳への栄養素がなくなり考えがまとまらなくなるケースもあります。低栄養が慢性的になると身体がエネルギーを作る為に骨まで分解し、ダイエットどころではなくなってしまいます。

まとめ

有酸素運動や筋トレと違い長時間だったり高負荷をかけたりする必要の無い加圧トレーニングは、ダイエットにぴったりのトレーニングです。

このトレーニング方法は脳を錯覚させて成長ホルモンの分泌を促すのでハードなトレーニングは行いません。その為初心者や高齢者におすすめです。週1回、30分程度で十分な効果があり、初心者やスクワットやプランクが良いです。仮に効果が見られない場合は、トレーニング強度や頻度、時間を伸ばしてみて下さい。