• >
  • ダイエットのための加圧トレーニングは自己流でもOK?
       

加圧トレーニング
関連コラム

ダイエットのための加圧トレーニングは自己流でもOK?

加圧トレーニングは、昨今ダイエットをしたい方に人気が出ているトレーニング方法です。皆さんも、ネットの検索や雑誌などで目にしたことがあるのではないでしょうか。

そんな加圧トレーニングは、ジムなど専門家がいるところで行うことが推奨されています。様々なジムのサイトを確認してみると、「専門家がいるから安心!」とありますし、様々説明がされています。

では、自己流はどのように扱われているのでしょうか?ここでは、自己流でトレーニングをすることについてお話していきます。

自己流の加圧トレーニングとは?

ではまず、自己流の加圧トレーニングはどのようにするのかを確認していきましょう。自己流で行うということなので、自身で加圧機器を購入してトレーニングをすることになります。

加圧機器はネットショッピングや、専門店で購入することができます。様々な身体の箇所に合わせて、二の腕用、お腹周り用、太もも用など、気になるところに直接アプローチを目指していけます。価格的にも機器を選ばなければ、どなたでも買えるでしょう。

機器を手に入れたら、該当箇所に巻きつけます。スイッチを押して、加圧されたことを確認できたら筋トレなどのトレーニングをしていくことになります。色々な効果的なトレーニング法があり、今では動画サイトなどでやり方についてアップしている人もいるので、自己流で行うことはそう難しくありません。きちんとしたトレーナーが配信している動画もありますので、見る時は専門的な知識がある人かどうか気を付けながら参考にしてみると良いでしょう。意外と、素人である場合などもあります。

また、加圧してトレーニングをしたからといっても、皆さんが思う結果が出ない場合があります。体重を減らしてダイエットしたいと考えている方、筋肉をつけたいという方、様々な希望を持っている方が多いと思います。加圧トレーニングは加圧しながら筋トレをすることですので、体重を減らしたいと考えている方については、筋肉が付き、脂肪の消化率が上がるまでに時間がかかること、筋肉は脂肪よりも重いので、体重が増えることもある、と知っておいてくださいね。

自己流でトレーニングするメリット

ではここで、自己流でトレーニングをすることで得られるメリットを確認しましょう。

まず、機器を購入すれば自宅で加圧トレーニングを行うことができます。専門家の元でトレーニングすることが推奨されていますが、都合によってはジムなどに通うことができなかったりする方には大きなメリットといえるでしょう。

また、知らない人と同じ空間でトレーニングするのは好きではない、という方にもおすすめです。自分のペースで、好きな時間にいつでも行えます。ジムですと、「トレーニングチケットを買ったけれど、使いきれなかった」とか、「行こうと思うけれど、足が重くなる」などでお悩みの方は機器のご購入を検討してみてはいかがでしょうか。

さらに、トレーニング内容は自分で取捨選択ができるので、「ここの筋肉を重点的に」「回数は少し少なめにしよう」など、自由が利きます。ジムなどでは、専門家が支持するやり方や回数、メニューを取り組まなければなりませんが、自分には合わなかったり、きつすぎたりすることがあります。しかし、このやり方は自分で調整ができるので、体調の悪い日が来たらゆっくり休んで、体調が良い日にはしっかりと取り組むことができます。特に、女性は整理の周期などもあり、予定外の事態が起こりがちですので、自分でスケジュールを変化させられるのは嬉しいですよね。

通常のトレーニングジムは予約制であることが多く、急に体調不良になってしまったり、用事が入ってしまったとき、その後の予約を取るのが大変になってしまうことが多々あります。次にトレーニングができるのは一か月後であったり、その間に自分のトレーニングを見てくれていたトレーナーが変わってしまうことなどもあるそうです。でも、機器さえあればいつでもできるので、普段から予定が定まりにくい方で、身体を鍛えたい方は、取り入れて見てはいかがでしょうか。

自分で自分の身体を鍛えたい、面倒を見たい!という皆さんにおすすめです。

自己流の知っておきたいデメリット

しかし、自己流で加圧トレーニングをおこなうとデメリットも生じてしまします。知っておかなければ重大なけがなどになってしまうデメリットについて、詳しくお話ししていきますよ。

先ほども説明したように、加圧してトレーニングをするには、専用のベルトなどを装着して筋トレを行います。慣れている方や、専門家に任せて正しい使う方をしてればけがなどの心配はありません。初心者で、ジムなどに通うのが嫌だからといって、「自分でやれる!」と判断してしまわないようにしてください。

加圧は、血流を締め付け、その負担によって通常よりも効果を出すというトレーニングです。血流を締め付けるわけですから、過度にやり過ぎると血の流れがおかしくなってしまうことがあり、貧血などを引き起こしてしまうことがあります。貧血で済むのなら、ベルトを緩めれば少しずつ回復するのですが、他にも重要な疾患を引き起こしてしまうこともあります。最悪の場合、脳梗塞などの原因になることもあるんです。

また、トレーニングをした後は特に、身体に普段よりも大きな負荷がかかっているわけですから、疲労をため込みすぎないように、ストレッチなどをして身体をほぐしておかなければ成りません。

ジムなど、専門家に見てもらいながらやる場合、トレーナーがケアまでを見てくれますし、水分補給の頻度の指導などもしてくれることが多いので、安心と言えるでしょう。もちろん、その場合でも無理はしすぎないようにしてください。

筋トレで筋肉を鍛えられるのは、日常生活では使わない筋肉を意識的にトレーニングし、筋細胞を一度破壊し、その後の回復という流れを繰り返していくから、という前提を知って置いてくださいね。

早く結果を出したいからといって、加圧したままのトレーニング回数は多すぎてはいけません。少ない回数から始めて、段階を踏んで回数を増やしたり、負荷を大きくしていきましょう。はじめから過度な回数でトレーニングをやると、身体に過剰な負荷がかかり、破壊された筋細胞が回復不可な場合にまで傷ついてしまうことがあります。筋細胞の回復には時間がかかるので、あせって無理をしないようにしましょう。

まとめ

ここまで、加圧トレーニングを自己流で行う際に知っておきたいことをまとめました。皆さんはメリットとデメリットの存在に気付いて頂けたと思います。

時間などの都合でトレーナーに教えてもらうことが難しいからといって、加圧しすぎたり、回数が多すぎると思わぬけがや事故につながります。できれば最初の数回だけでも、専門のトレーナーに指示をしてもらうようにしましょう。

また、昨今では動画サイトなどにやり方や使い方の動画がアップされていることがあります。そちらを参考にしながら、自分なりのやり方を確立するのも良いですね。ただ、使い方を示している方が専門の刀のかどうかは忘れずにチェックしておくようにしてください。