• >
  • 加圧トレーニングのケトジェニックってなあに?
       

加圧トレーニング
関連コラム

加圧トレーニングのケトジェニックってなあに?

ケトジェニックは別名「脂肪がどんどんなくなるトレーニング」とも言われています。女性でも男性でも、余分な脂肪はつけたくないものですが、気がつくと付いてしまっていますよね。

ケトジェニックはそんな頑固な脂肪でもサクサク減らすことができるといわれています。いったいどんなダイエット方法なのか、また加圧トレーニングを取り入れるとどうなのかをここでたっぷりお話ししていきますので、参考にしてみてくださいね。

ケトジェニックとは?

ではまず、ケトジェニックというダイエット方法について説明していきます。皆さんはケトジェニックと言われて、どんないめーじがあるでしょうか。

ケトジェニックとは、普段の食事でとるものを制限することです。特に、脂肪を増やして、炭水化物を減らしていくことを指します。炭水化物というと、お米やパンなどの主食類ですね。なぜ炭水化物を減らさなくてはならないのでしょうか。

ヒントは人間の身体の仕組みにあります。人間が食べ物を摂取したとき、まず炭水化物から消化されていきます。炭水化物が終わった後にタンパク質、脂肪と続いていきます。炭水化物を減らすことで、一気に脂肪から吸収できるようになるんです。

どのように制限をするのかというと、かなり厳しい食物制限をしていきます。絶対に食べてはいけないとされているものは、主食によく使われるお米や小麦、とうもろこしなどの穀物です。穀物からできているパンなども絶対に駄目です。また、はちみつなどの甘いものも駄目だとされています。

あまり食べてはいけないけれど、少量なら可というものは、生乳100%の牛乳や、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品です。チーズやヨーグルトは意外とハイカロリーなので気をつけて見ましょう。また、でんぷん質を含む食物も控えておきたいところです。

昔、理科の実験などでかんだお米に液体と垂らすと紫に変化する、これはでんぷんが含まれているからだというものをやったことはありませんか?ケトジェニックではお米は不可なので、もっともといえるでしょう。

このでんぷん質、お芋などにも含まれますので、ポテトチップスももちろん駄目ですよ。他に、豆類、ナッツなどの木のみ類、フルーツも控えめにしておくべきだそうです。

ケトジェニックでは脂肪をとっておきたいのでした。摂取するべき脂肪は、オリーブオイルやバター、ココナッツオイルなどの油もの、お肉や卵に含まれるタンパク質、でんぷん質を含まない野菜などを推奨しています。

意外と制限が多いことにお気づき頂けたでしょうか。皆さんの好きな食べ物のひとつは食べてはいけないとされているかもしれません。「こんなに制限して、結果は出るの?」と不安な方のために、次からはケトジェニックダイエットのメリットとデメリットをご説明していきます。

ケトジェニックのメリットとデメリット

結論から先にいってしまいましょう。ケトジェニックダイエットは、人によって効果がものすごく出る方と、いまいち出ないという方に分かれます。しかし、効果が全く出ないわけでは無いので、これから説明していくメリット・デメリットをしっかり理解した上で挑戦するかどうかを考えてみてくださいね。

まず、メリットです。炭水化物よりも脂肪をとるべきなのは、血糖値が上がりすぎないようにするためです。血糖値が上がりすぎてしまうと、脂肪の燃焼につながらずにため込んでしまいがちになってしまいます。その代わりに脂肪を多くとることで血糖値の急上昇を防ぎ、脂肪を燃焼することができやすい身体つくりになります。

脂肪が燃えやすい身体になるので、最初の食事制限こそ厳しいものの、しっかりと痩せることができるようです。ある方などは、数ヶ月で60キロも痩せたらしいですよ。短期間に集中して一気に体重を落としたい方などにおすすめできる点です。

メリットがあればデメリットが生じてしまいます。ケトジェニックダイエットについては、先ほどもお示ししたとおり、かなり食事制限をしなければ成りません。ここから、大きく二つに分けたデメリットが生じてきます。

まず一つ目は、栄養不足になってしまうことがあるという点です。御覧頂いたように、かなり偏った食生活になりますので、栄養が足りず、貧血などになってしまったり、フルーツはあまり摂取しない方が良いとされるため、ビタミンが摂取できず、にきびなどの肌荒れや口内炎になりがちという症状も起こるようです。美しい肌で痛い女性にはとって、一番痛手となってしまいそうです。

肌荒れやにきびになっても問題ないと思われている皆さん、もう一つのデメリットをお話ししても、そう言えますか?実は、腎臓結石や筋肉のけいれん、過度のめまいなども起きてしまうことがあるんです。日常生活を送るのに支障が出てしまっては元も子もないですよね。

ここまで見ていると、デメリットの方にインパクトがありすぎて、「やめておこう」と思われるかもしれません。しかし、今までのデメリットは「自分自身のみの判断」で行った場合です。昨今、病院の医師や栄養管理師に指導をしてもらいながら行う方法がありますので、専門家のアドバイスに沿って行えば失敗するリスクは減らすことができます。

ケトジェニックと加圧トレーニング

さらに脂肪燃焼を増加させるために、加圧トレーニングを取り入れてみてはいかがでしょうか。加圧トレーニングとは、専用のベルトなどで血管を圧迫し、負荷をかけた状態で筋トレをすることで少ない回数でも大きな効果を得ることができるトレーニングのことです。

回数が少なくても効果が出ることと、ジムなどに通ったり、機器さえあれば自宅でトレーニングすることができ、人気のあるダイエットといわれています。筋トレをしようと思っても三日坊主になりがちの方にぴったりのトレーニングです。

ケトジェニックでは、脂肪を燃焼しやすい身体つくりの一環として取り入れ、すでについてしまっている脂肪を筋トレでさらに燃焼を促せば、短期間で余分な脂肪が消えて無くなります。

ただし、ここでも気をつけておかなければならないことがあります。加圧とトレーニングも、専門のトレーナーに最初は指導してもらわないと、思わぬけがや事故につながることが多いんです。専門のジムなどがありますので、考えている方は体験トレーニングなどで行ってみるようにしましょう。

また、ケトジェニックも加圧トレーニングも身体に中性脂肪がついている方であれば効果を実感しやすいので、痩せ型の方は体調を崩す恐れもありますから、あまりなさらない方が良いとされています。

まとめ

ここまで、ケトジェニックについて基本情報と、メリットやデメリットおよび加圧トレーニングと組み合わせるとどんな効果があるのかについて詳しくお話ししてきました。自己流でやると、様々な問題が起きてしまい事がありますが、専門家の意見を聞きながらであれば絶大な効果を出すことができます。メリットとデメリットをきちんと理解した皆さんですので、デメリット部分を回避することができるようになっているはずです!

加えて、加圧トレーニングを取り入れることで脂肪燃焼をさらに促し、ぷよぷよした脂肪を燃焼していけるケトジェニックダイエット、気になった方は一度医師に聞いてみてはいかがでしょうか。