• >
  • 全身を引き締める加圧トレーニングダイエット!
       

加圧トレーニング
関連コラム

全身を引き締める加圧トレーニングダイエット!

今やその名前を聞いたことがない方がいないほどに知名度が上がってきている加圧トレーニング。ダイエットにメリットが大きいメソッドとしても有名なトレーニング方法なので、さっそく実践し始めたという方もいるのではないでしょうか。今回は、減量や体をかっこよく引き締めることを目的としている場合におさえておきたいポイントについて、くわしくご案内させていただきます。

あなたのダイエットの目的は?

季節の変わり目や薄着になるシーズンが近づくにつれ、本格的なダイエットに取り組もうと考え始める方も多いかと思います。また、最近将来の健康を考えて減量を考え始めたなどという方も中にはいらっしゃるかもしれません。どのような背景があるにせよ、まず始めに考えていただきたいのは、自分の目的とするものは一体何なのか、目標とするものはどのようなものなのか、という点です。

女性の場合は、暑くて露出の多くなる夏までに太ももを引き締めたい、ぷよぷよの二の腕をすっきりさせたいなどという願望もあるかもしれませんし、男性の場合は、海やプールに行っても恥ずかしくないような男らしい腕の筋肉をつけたい、腹筋を鍛えてかっこいい体になりたいなどという願望もあるかもしれません。また、最近ひざの手術をしたから、ドクターに、できる限りの減量とひざまわりの筋肉を鍛えるように口を酸っぱくして言われているなどという方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

このようにダイエットに至るまでの背景にもさまざまなものがあると思いますが、何よりも大切なのは、自分の目指していくもののイメージをしっかり持つということ。ただ単に「痩せたい」という目標と具体的に「あと2kg減量したい」という目標では、心構えも変わってきますし、目標に向けておこなうトレーニング方法なども変わってきます。

例えば、体を引き締めるということを目的とするなら、二の腕にうっすらと力こぶが出るまで引き締めたいなど、実現が可能な目標を設定することで、加圧トレーニングで取り組むトレーニングやメニューを、より具体性のあるものにしていくことができます。その結果、自分の目標を達成するという達成感が味わえるだけではなく、ダイエットでしっかり結果を出すということが可能になります。

痩せたいからといって毎日運動するのはNG

痩せたい、痩せなくてはいけないという強い意志がある方にありがちなのは、毎日ひたすら有酸素運動を続けてしまう、ご飯をきちんと食べずに運動をたくさんしてしまうというような、間違った運動の仕方。確かに、体重を落とすためには、食べた分のカロリーを消費することや、運動によって余分なカロリーを消費することなども大切ですが、それは、きちんとしたベースとなる健康的な生活があってからこそ。ダイエットでは、毎日無茶な運動を頑張るのではなく、健康的に痩せるための多角的なアプローチが何よりも大切だということを忘れてはいけません。

どのような減量においても、筋トレ・有酸素運動・体操・ストレッチによるアプローチは欠かせません。中でも、加圧トレーニングなどで筋トレをした後の体は、休養を必要としています。筋肉が休養とするのには、大きく分けて2つの理由があります。1つは筋肉の疲労回復、そして、もう1つは、筋肉を育てる時間をつくってあげるということ。十分な休養をとらずに同じ筋肉を酷使してしまうと、せっかくの筋トレや運動の効果が下がるだけではなく、怪我につながってしまうこともあります。休養もダイエットの一環ととらえ、ぜひ積極的にとるように心がけてみてください。

とくに、3kg以上の減量に励もうと考えている方の場合は、短期間で結果を出すのではなく、3ヶ月・半年・1年と根気よく続けていくことのできる方法を習慣づけることが必須となります。痩せないからと焦るのではなく、しっかりと運動する日の間に体を休めてあげる日をつくることも大切です。毎日ストイックに運動をするのではなく、自分の心身のバランスも考えながら、自分の体と向き合っていきたいですね。

ダイエット目的の加圧トレーニングで注意したいこと

ダイエットや体を引き締めることを目的に、加圧トレーニングに取り組む際に注意していただきたいのは、個人的に仕入れた情報をもとに、自宅などで1人で実践しないということ。加圧ベルトなどを使い、体の部位に適切な圧力をかけて筋トレをするという特殊な方法を用いる加圧トレーニングは、間違った知識をもとにおこなうと危険を伴う可能性のあるトレーニングでもあります。もともと貧血気味という方の場合は、貧血を起こす可能性もありますし、間違った加圧の仕方が思わぬトラブルにつながってしまうケースも報告されています。加圧の原理を使う筋トレをする際には、きちんとした知識と経験を持つトレーナーの指示の元おこなうことはもちろん、無理のないメニューに沿って、自分に合ったレベルのトレーニングをすることも大切になります。

また、加圧効果を利用したTシャツやスパッツなどのウェアも多く市販されていますが、体調や体質によっては具合が悪くなってしまったり、健康被害を引き起こしてしまうこともあるようですので、こちらもトレーナーなどに相談の上、検討してみることをおすすめします。

有酸素運動やスポーツなども取り入れて楽しくダイエット

加圧トレーニングは、全身の筋肉を効率よく鍛えることができるため、確かに、ダイエットや体を引き締めるには有効です。しかし、本格的な減量に取り組んでいる方の場合や、もともと運動が苦手だったり筋トレが嫌いという方の場合は、筋トレだけでは痩せるためのモチベーションを維持できないことも多々あると思います。

そこでぜひ提案したいのは、加圧トレーニングだけではなく、さまざまなアクティビティやスポーツを取り入れて、ストレスなく運動に励むということです。例えば、気分転換にもなるハイキングやスイミングなどといった有酸素運動もおすすめですし、初心者でも挑戦しやすいスカッシュやバドミントンなどの球技に触れてみるのもおすすめです。何事も楽しみがなければ続けられませんので、ぜひ自分に合った楽しい運動方法を見つけてみてはいかがでしょうか。

また、減量を目指す場合は、どうしても体重という数字にこだわってしまいがちですが、体重はあくまでもひとつの指標に過ぎないことも意識しておくことが必要です。短期的でも長期的でも、「健康な減量」というテーマにおいては、1週間で500gから1kg程度の減量が正しい減量となりますので、ぜひ覚えておいていただければと思います。

まとめ

その特殊なトレーニング方法から生み出される大きな効果が話題を呼んでいる加圧トレーニングは、運動や筋トレが苦手な方や仕事が忙しくて運動の時間がなかなか取れないという方にも人気のトレーニング方法のひとつです。ダイエットや体を引き締めることを目標にした場合には、筋トレプラス何かというアプローチでより高い効果が期待できるようになります。ぜひ、自分が楽しいな、続けられそうだなと思える方法と合わせて、トレーニングに取り組んでみてはいかがでしょうか?