• >
  • 加圧トレーニングの筋トレにはプロテインで効果をプラス!
       

加圧トレーニング
関連コラム

加圧トレーニングの筋トレにはプロテインで効果をプラス!

加圧トレーニングで短期間で確実に効果を実感したいという方や、体質的にどうも筋肉がつきにくい気がしているとう方におすすめしたいのが、筋肉をつくるためのキーワードとなる、効果的なプロテインの摂取方法。ただがむしゃらに筋トレにはげむだけでは、よい筋肉はつきませんし、逆に体を壊してしまう原因にもなりかねません。たんぱく質に関する正しい知識を身につけて、ぜひ体づくりに役立てていただければと思います。

加圧トレーニングに大切な栄養素プロテインとは

せっかくの加圧トレーニングも、体づくりを影で支える栄養バランスのとれた食事がなければ、逆効果になってしまいかねません。おそらくたくさんの方が、「筋力アップにはプロテイン=たんぱく質が必須」ということを耳にしたことがあるのではないでしょうか。

私たちの生命活動にとって大切な役割を持っている三大栄養素のひとつである、たんぱく質。私たちの体の中でも、水分の次に多い成分として知られています。筋肉・内臓などはもちろん、皮膚・髪・骨・歯などあらゆるところに存在しているたんぱく質は、体づくりにも重要になる栄養素のひとつで、少しでも不足してしまうと体に深刻な不調を来してしまう恐れもあります。

筋肉肥大を目的としている方の場合はもちろん、年齢とともに落ちてしまった筋肉を回復したいというような方の場合にも、しっかりとたんぱく質を摂取することが結果を出すトレーニングの大前提。また、ダイエットが目的の場合も、十分なたんぱく質がなければ、エネルギーを効率的に消費することのできる筋肉をつくることができなくなってしまいますので、美しく痩せることができないだけではなく、肌荒れなどのトラブルを引き起こす原因となってしまう可能性もあります。

筋トレ後に、筋肉が回復するために必要とする時間は、だいたい1日から3日。鍛えた筋肉の大きさや部位、筋肉に与えた負荷の重さなどによっても変わってきますが、筋肉が多くのたんぱく質を使って修復と成長と試みる時間が、この数日間にあたります。一般的には、ふくらはぎやお腹の筋肉で24時間ほど、腕まわりの筋肉で48時間ほど、太ももや背中まわりが96時間ほどなどと言われています。健康に筋肉をつくっていくためには、この期間中に、しっかりと食事からたんぱく質を補ってあげることが大切です。とくに、トレーニングやスポーツに取り組む方の場合は、必須アミノ酸などを積極的に取り入れるようにすることで、筋力アップ・持久力向上・疲労回復などにも効果が期待できますので、覚えておくとよいかもしれません。

筋トレにもダイエットにも大活躍のプロテイン

とくに、女性の場合やダイエットと目的としている方の場合は、脂質・炭水化物・たんぱく質を摂取することで太ってしまうと考える方が多い傾向にありますが、これは間違った知識。確かに、いずれの栄養素もカロリーオーバーや代謝の妨げとなる「過剰摂取」は禁物です。しかし、極端な食事制限や不足している栄養素があることで、体がその栄養素を補おうと働いてしまい、ダイエットや体づくりが大きく後進してしまうことも往々にしてあります。

まず、認識し直していただきたいのは、健康にシェイプアップする正しいダイエットは、食事制限だけではできないということ。そして、引き締まった体づくりのための美しくしなやかな筋肉をつくるには、プロテイン=たんぱく質の摂取が私たちが考えている以上に重要だということです。

加圧トレーニングには食事でしっかりプロテイン補給

ダイエット目的に加圧トレーニングに取り組んでいる方や女性などの場合、プロテイン=筋肉隆々などというイメージが先行してしまい、トレーニング後にたんぱく質をとるとムキムキの体になってしまうのではないかと不安に思う方も中にはいらっしゃるかもしれません。しかし、それは大きな間違い。たんぱく質や必要な栄養素が不足してしまうと、体の中の必要な栄養素が体の疲労回復や筋肉増強のために使われてしまい、思うようにダイエット効果が得られない、体調を崩してしまうなどのトラブルの原因にもなってしまうこともあります。

トレーニング後のたんぱく質摂取に一番よいタイミングと言われているのは、運動後20分から40分くらい。筋トレ後のストレッチを終えて落ち着いた頃などを目安に、たんぱく質を補うことを心がけるようにすることがおすすめです。

筋トレに限らず、トレーニング前後や有酸素運動前後は、体が栄養素を必要とする状態になっています。トレーニング前は、必須アミノ酸・糖質・水分などの摂取が必須ですし、トレーニング後は、たんぱく質やビタミンB群の摂取が重要です。とくに、加圧トレーニング直後は、筋肉を増やす役割を持つたくさんの成長ホルモンが分泌されていますので、まさに筋肉をつくる絶好の機会とも言える条件が揃っています。そこで、すかさず筋肉の元となるたんぱく質や疲労回復に必要な栄養素をタイムリーに摂取することで、筋肉を増やすことができるだけではなく、心身の疲労回復を早めることまでもができるというわけです。たんぱく質を多く含むプロテインバーやドリンクなどを積極的に活用して、中から外から、体づくりに取り組んでみてはいかがでしょうか?

手軽にプロテインがとれる食べものとは?

筋トレでしっかり筋肉をつけていくことを考えている方の場合は、日々、積極的にたんぱく質の摂取を心がける食生活にシフトしていくとよいかもしれません。簡単な方法としては、豆腐・納豆などの大豆製品を食事メニューにプラスする、高たんぱくかつ脂質少なめの赤身の肉・とり肉などを食べる回数を増やす、牛乳・ヨーグルトなどの乳製品や卵を取り入れることなどがあげられます。

外食が多い方、自炊をする時間がない方、料理をするのが苦手という方の場合は、いつものメニューに豆腐をプラスする、小魚やシーフードの入ったメニューを選ぶようにする、豆類やナッツ類を意識して食べるようにするなどの小さな努力を積み重ねることでも、十分にたんぱく質を補うことができます。バランスのよい食生活を心がけながら、ぜひ毎日の食卓から体づくりに励んでみていただければと思います。

また、最近では、コンビニなどでもたんぱく質の豊富な食べ物を手に入れることができますし、加圧スタジオやトレーニングジムなどの出先にも気軽に持ち運ぶことのできる便利な携帯食品もたくさん出ていますよね。ぜひ、自分のお気に入りとなるたんぱく質源を見つけて、加圧トレーニング効果を最大限に引き出してみてはいかがでしょうか?

まとめ

加圧トレーニングをはじめとした筋トレを語るには、避けては通れない私たちの体とたんぱく質の関係。たんぱく質が不足してしまうと、髪や爪、免疫機能などにも影響が出てしまいますので、体づくりだけではなく、美容と健康のためにも、ぜひ日頃の食生活を意識してみるとよいかもしれません。また、トレーニングをがんばる日と体をしっかり休める日、どちらにもしっかりと栄養バランスを取れた食事をとることが大切になりますので、いつも食生活が乱れがちだなと感じている方は、気をつけてみていただければと思います。