• >
  • プロテインが加圧トレーニングダイエットの成功への道!?
       

加圧トレーニング
関連コラム

プロテインが加圧トレーニングダイエットの成功への道!?

スポーツをしたり筋トレで筋肉をつけていく上で、必須と言われる栄養素のたんぱく質ですが、実はダイエットにも重要な栄養素であることをご存知ですか?加圧トレーニングで本格的にカラダづくりに励むのに、間違った食生活を送って、せっかくのトレーニング効果を薄くしてしまってはもったいありませんよね。今回は、ダイエットの大きな味方となるプロテインの摂取方法、トレーニングとたんぱく質の関係について、ご紹介していきたいと思います。

無理な食事制限はダイエット失敗の原因

食べすぎないように食生活に気を配る、使う油を太りにくくて体によいオリーブオイルに変える、できるだけ運動をするように心がける、きちんと睡眠を取って規則正しい生活を心がけるなど、痩せる効果が期待できると言われるものには、さまざまなものがあげられます。

確かに、食生活は正しいダイエットを考える上で、とても大切なもののひとつ。しかし、カラダの源となる食生活だからこそ、きちんとした論理や科学的な知識に基づいたアプローチが必要になります。

若い女性などを中心に、「夜ご飯を食べなければ痩せる」「りんごだけを食べるダイエットを実践している」などと、無理な食事制限をした方法を試しがちな傾向にありますが、これは、一番危険な減量方法。無理な食事制限の結果、体重が減るために、「痩せた」と感じるかもしれませんが、それは大きな勘違い。

カラダの内部で栄養が不足することによって、今まで維持されていた筋肉が、カラダの中で分解されエネルギー源として使われ、減った筋肉の分の体重が軽くなっているだけかもしれません。筋肉が減るということは代謝が落ちるということでもありますので、逆に、リバウンドしやすい「太りやすい」カラダにしてしまった可能性すらあります。

また、食事制限をしたために、腸内細菌が失われてしまい、腸内環境が乱れ、便秘や肌あれを引き起こしてしまったり、老廃物を溜め込みやすいカラダになってしまったりという不安も生まれます。

正しい減量は正しく食べることが大切です。もちろん、食べ過ぎはNGですが、食べなさ過ぎも立派なNG。せっかく加圧トレーニングに取り組むなら、「食べない」選択ではなく、必要なものを「食べる」選択をすることが大切です。しっかりとプロテインや必要な栄養素を補給して、健康的に痩せることを目指しませんか?

加圧トレーニングで効率よくダイエット

ダイエットに加圧トレーニングがおすすめされるのは、少ない運動量でも効率のよい筋トレができること、全身の筋肉をくまなく鍛えることができること、短時間でも大きな効果が望めること、しなやかなカラダには欠かせないインナーマッスル(遅筋)を鍛えることができることから。

中でも、通常の筋トレでしか鍛えることのできない、パワーを持つ速筋、有酸素運動で鍛えることのできるスタミナを持つ遅筋の両方を、バランスよく鍛えることのできる点が注目されています。

インナーマッスルが鍛えられていることで、日常生活においても、代謝のよい太りにくいカラダでいられるだけではなく、ケガや関節の痛みなどのトラブルの少ないカラダでいることができます。また、球技などのスポーツでは、速筋と遅筋どちらの筋肉も大切になりますので、スポーツ中のパフォーマンスのアップを図ることにもつながります。

健康的に、かつ効率よく痩せるには、まず、健康であることが大前提になるかと思います。少しの運動でも大きなトレーニング効果が得られる加圧トレーニングを上手に取り入れて、カラダを気持ちよく動かし、心身の健康を目指していくことを心がけていただければと思います。

プロテインが大切な理由

今までにスポーツジムなどに訪れたことのある方は、筋トレ用のマシーンの近くや休憩エリアなどで、プロテインシェイクを飲んでいる方を見かけたことがあるかもしれません。プロテインと聞くだけで、ぼんやりとアスリートの食生活や本格的なボディビルダーなどをイメージしてしまう方もいるかもしれませんが、実は、たんぱく質は、私たち1人1人にとって、とても大切な栄養素でもあるんです。

たんぱく質が子供の成長にとって大きな役割を持っている栄養素であることは多くの方がご存知のことと思います。しかし、実は、たんぱく質の摂取必要量が、10代から70代まで変わらないということをご存知ですか?それは、私たちのカラダの15%ほどがたんぱく質で成り立っていることにも理由があり、たんぱく質なしには、正常な生命活動が成り立たないからなのです。

たんぱく質は免疫力や睡眠の質にも影響を与えていると言われ、年々その注目度が高まっている栄養素でもあります。とくに、たんぱく質の中でも体内でつくることのできないと言われている必須アミノ酸は、食事からしか摂取することができませんので、積極的に食べ物やサプリメントなどから補うようにしたいですね。

また、ぜひ覚えておいていただきたいのは、加圧トレーニングなどによる筋トレや運動の前後にも、たんぱく質や糖質の補給が必要だということ。栄養素が不足している状態では、トレーニングの効果を正しく得ることができませんし、疲労回復を妨げたりと、逆にカラダに悪影響を与えてしまうこともあります。ダイエットにもカラダづくりにも大切な栄養素であるたんぱく質。今日からさっそく、たんぱく質を意識した献立を実践してみてはいかがでしょうか?

ダイエット中はおやつもプロテイン意識が正解

長い間、間食はダイエットの大きな敵と言われてきましたが、最近の研究では、間食も摂り方によっては、ダイエットの強い味方となることがわかってきました。心がけていただきたいのは、かしこい間食。

例えば、ドーナツなどの脂質や糖質が極端に高いものやスナック菓子などのカロリーが高いものではなく、食物繊維やたんぱく質の多い和菓子やナッツ類を豊富に含むお菓子などで、100kcal程度の間食が理想です。ほかには、きな粉などの大豆製品、ヨーグルトなどの乳製品、さきいかなどのおつまみ系、プロテインバーなどもおすすめです。多くても200kcalを目安にしておくと、1日の総カロリー過多にならずに済みますし、たんぱく質が多めの間食を摂ることで、罪悪感のないカラダによい間食とすることもできます。

また、筋トレや有酸素運動の前後にたんぱく質を多く含んだ間食をすることで、運動効果を上げることにもつながりますし、運動中のパフォーマンスを上げることもできます。カラダづくりで大切なのは、無駄な我慢をしないこととかしこい食生活でストレスのない毎日を送ること。食べるのが大好きという方こそ、かしこい間食を心がけ、食べた分は運動で消費するなど上手に心の整理をして、ダイエットに前向きに取り組むことも大切かもしれません。

まとめ

加圧トレーニングは、ダイエットやシェイプアップにもおすすめですが、スポーツ中のパフォーマンスを上げることもできるので、本格的にスポーツをしている方にもおすすめです。しっかり筋肉をつけることで、日常生活の上でも大きなメリットが得られますし、将来の自分の元気な生活を維持していくベースともなりますので、筋トレや有酸素運動などにプロテイン摂取を心がけた食生活をプラスして、ぜひ充実した毎日のために役立てていただければと思います。