• >
  • 加圧トレーニングを行う際に大切な、食事のタイミングとは?お酒は?
       

加圧トレーニング
関連コラム

加圧トレーニングを行う際に大切な、食事のタイミングとは?お酒は?

最近は「メタボ」という言葉に敏感になり、誰もが当たり前にダイエットと取り組む様になりました。ただ、やみくもに痩せるのではなく、筋肉のある均整のとれた体を目指す方がほとんどとなり、加圧トレーニングは正しくその希望を叶えるトレーニング法だと言えます。

厳しい食事制限とハードトレーニングによるダイエットとは一線を画し「健康的で若々しい体」を目指すトレーニングです。その為にも食事はとても大切な欠かせないものですので、意識を持って摂る事が非常に大切となります。

 

トレーニング前の食事について

ダイエット中の方などは、空腹時にトレーニングを行った方が効率よく脂肪燃焼が図れると言った理由から食事を抜いてしまいがちですが、それは完全に間違いだと言う事です。食事を抜いたまま加圧トレーニングを行うと、貧血を起こしたり、低血糖が原因でフラついたり筋肉が分解されてしまったりと、体調を崩す可能性が高くなり、併せてパフォーマンスが低下するのでトレーニング自体の効果も効率も下がってしまいます。

ですので、トレーニング前にはシッカリと食事を取る事が大切であり、軽食なら30分程前までに「バナナやリンゴ」の果物類か「おにぎり、パン」といった炭水化物を摂るのが望ましい様です。2時間前迄でしたら何を食べても問題はないそうで、摂りたい栄養素は「脳や神経」にエネルギーを与えトレーニングのパフォーマンスをアップする炭水化物(ご飯・パン類)や、「筋肉の分解防止、疲労回復」に役立つ必須アミノ酸(鶏胸肉・マグロ・牛乳・豆乳等)などが良いとの事です。加えて、スポーツドリンクもトレーニングに必要なミネラル、水分、糖分が摂れるのでお勧めします。因みに糖分はトレーニング前に摂っておくのが望ましい様です。

 

トレーニング後の食事について

加圧トレーニング後は、大量の成長ホルモンが分泌され、体中の細胞が栄養素を取り込める状態になっているそうです。特にトレーニング後30分にダメージを受けた筋肉を修復するのが効果的であるとされています。ここでキチンと修復する事で更に筋肉が付くと言います。だた、トレーニング後30分に食事を取るのは難しいという方も多いと思いますので、食事を2回に分けて取る方法が良い様です。

1回目は筋肉修復に適した「タンパク質」の卵、豆腐、豆乳と、たんぱく質の吸収を助ける「ミネラル・ビタミン」のヨーグルト等を摂り、1〜2時間後の2回目に必要な栄養素を補給できるバランスの良い食事をとる様にすれば効率良く、しかも無理なく食事ができると言う訳です。炭水化物、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、食物繊維、脂質等を含む物をバランス良く摂る様心掛けましょう。またこの時、炭水化物3:タンパク質1の割合で摂れば疲労回復を早めるそうです。ダイエット中の方は炭水化物、糖質、脂質は控えめにした方が肥満防止に繋がります。ただダイエッット中に於いても、加圧トレーニングの効果を得るにはトレーニング後の筋肉に栄養を与える事が重要になる為、食事抜きはNGだと言う事です。

 

トレーニング後のお酒について

トレーニング後に冷えたビールを「グッと一杯」といきたい方は大勢おられるかもしれませんが、実は加圧トレーニング後のお酒はNGです。何故なら、お酒は折角のトレーニング効果を半減させてしまうからです。その理由は…加圧トレーニング後には「テストステロン」という、筋肉を鍛える上で重要な成長ホルモンが大量に分泌されるそうです。アルコールは、この大事なホルモンを抑制してしまう作用があると言います。

結果、筋肉の成長効果を低下させてしまう訳です。更に大量のアルコールを飲んでしまうと「コルチゾール」という、もっと厄介なストレスホルモンが大量分泌され、これが筋肉を分解し脂肪を育成してしまう働きがあり、筋肉量を減少させる上に肥満の基になり兼ねないと言うのです。つまり、折角のトレーニング効果は台無しになります。その上、トレーニングで疲労した内臓にも大きな負担が掛かる様です。加圧トレーニングは週に数回ですから、トレーニングの日は禁酒とした方が無難だと思われます。

 

まとめ

ここまで加圧トレーニングに於ける食事の重要性、意識を持つ事の大切さを解説して来ましたが、もし、トレーニング後に疲労がたまり過ぎたと感じたり吐き気を催す等があった場合は、無理に食事をしない様にして下さい。涼しい所に移動し休みましょう。

また、脱水症や熱中症が疑われる場合は、同様に涼しい所で水分、塩分、或いはスポーツドリンク等を摂り、アイシング(冷やす)してみて下さい。共に症状が回復しない時は、すみやかに医療機関へ行く事をお勧めします。あくまでもご自身の体調に合わせて、疲労が強い時は消化の良い物を少量摂るなどの工夫が必要と考えます。