• >
  • 加圧トレーニングを行う際の、適した服装とNGな服装をご紹介
       

加圧トレーニング
関連コラム

加圧トレーニングを行う際の、適した服装とNGな服装をご紹介

加圧トレーニングだからといって、特別仕様の高価なものや高い性能にこだわったものである必要は全くないのですが、ベルトを装着してのトレーニングですので「肌に負担を掛けない」「動きを妨げない」という最低限はクリアした服装が好ましい事は間違いありません。

ここで紹介しますのは、その最低限必要なものと考えて頂ければ良いと思います。ただ、下着に付きましてはプラスアルファで紹介しております。絶対に必要と言う事ではありませんので、参考にして下されば幸いです。

 

お勧めの服装

まずは上半身の服装ですが、二の腕が隠れる程度の袖がある、Tシャツをお勧めします。加圧ベルトを二の腕に巻くので、肌のかぶれや傷付くのを防ぐ為にも二の腕まで隠れる長さが必要です。運動をするので、お腹が見えてしまう位の短いモノや邪魔になる様な長いモノは向きません。お尻丈前後の長さが丁度良いと思います。次に下半身の服装は、膝丈程度のハーフパンツが良い様です。加圧ベルトは、足の付け根に巻きますので、こちらも丈が短すぎると肌に直接ベルトを巻く事になり、肌を傷める恐れがあります。上下どちらもスムーズに動ける、ストレッチ性のあるTシャツ地のものが良いでしょう。

汗をかく季節や、暑さに弱い方は、通気性のある速乾素材などのTシャツもありますので、ご自身の好みや体調で選択されれば快適に行えると思います。因みにシューズなのですが、行くジムに依っては裸足で行う所もある様ですので、事前に確認が必要です。

 

NGな服装

NGな服装の上半身につきましては、ノースリーブは上記した様にベルトを直接肌に巻く事になりますので避けましょう。逆に長袖だと、加圧を加えた際にトレーナーが血管をチェックできない為、こちらもNGとなります。次にNGな服装下半身は、丈の短いショートパンツはノースリーブ同様、肌に負担を掛け兼ねませんのでNGです。

大きい動きの時に人目が気になってしまう事もあるでしょう。また、サルエルパンツの様に股下に余裕があり過ぎる場合は、加圧ベルトを装着した時にシワ等ができ、違和感や痛みを感じてしまう事もあるので避けた方が良いでしょう。上下共、厚手の生地ですとベルトが巻きづらく、適度な圧を掛けられない場合があります。

 

下着については?

男性の下着につきましては通常通りで問題はありませんが、女性の場合「ワイヤー入りブラ」は絶対に避けたい所です。動きが制限される上に、肌が擦れたり、締め付けたりで痛くなってしまう可能性があります。お勧めなのは「スポーツ・ブラ」で、ノンワイヤーで動きやすく、速乾性の物が多いので蒸れにくい特徴があります。

また、ホック類もありませんので摩擦がなく、痛み痒みも起こりにくい作りです。更に嬉しいのはバストの大小に関係なく使用でき、バストの揺れを抑えてくれますので大事な「クーパー靭帯(バストを釣り上げてくれる伸縮性の靭帯)」も守ってくれます。形も、肩甲骨が動かしやすい「Y字バックスタイル」等、色々な種類がありますので好みで選択できます。男女共に加圧機器を装着する事を考慮し、体に負担をかけず、ストレスなく動きやすい物を選ぶ様にすれば良いと思います。

 

まとめ

加圧トレーニングの後「点状出血」というものが現れる可能性があります。これは、加圧により皮膚や皮下組織が出血する事で起きる、いわゆる皮下出血です。全ての方がなると言う事ではありませんが、皮膚や血管の弱い方にはよく見られます。これは残念ながらウエアで防ぐ事はできません。

ただ、必要以上に皮膚を傷つけたり、摩擦で傷めたりしない様に意識を持って気を付ける事は可能ですね。お洒落なウエアも気持ちをアップさせる上で大切だと思いますが、運動ですので先ずは機能性を第一に考えて頂ければ良いのではないかと思う次第です。