• >
  • 男性の加圧トレーニング
       

加圧トレーニング
関連コラム

男性の加圧トレーニング

女性に人気の加圧トレーニングを、男性も行うようになってきました。女性は主に美容目的でトレーニングを行いますが、男性の場合には健康目的でトレーニングを行う人が増えてきました。

このトレーニングは、短時間で効果を得ることができ、また、美容や健康のように様々な効果を得ることができます。加圧トレーニングとは何を行うのか、美容や健康のような効果を得る身体の仕組みについて解説していきます。

加圧トレーニングとは

加圧トレーニングは、軽い運動を短時間行うだけで、筋肉が付いた身体を手に入れることができるトレーニングになります。トレーニングの内容は、加圧専用のベルトを腕や足の付け根部分に巻いて、ストレッチなどの軽い運動を行うというものです。

腕や足の付け根部分に、ベルトを巻くと血液の流れが制限されます。血液の流れが制限されることにより、軽い運動だけで負荷をかけられて、血液の中に乳酸を溜めることができます。乳酸が血液中に溜まると、成長ホルモンが分泌されます。分泌された成長ホルモンによって、筋肉がつきやすくなり、ついた筋肉によって脂肪の分解が促されます。

加圧トレーニングは、まず、成長ホルモンを分泌させて、筋肉をつけるところから始まります。なので、トレーニングの効果が現れるまでに時間がかかります。トレーニングをはじめてから三か月程度は、身体の体質を変化させるための準備期間のようなものになります。

男性が加圧トレーニングする理由

加圧トレーニングと言うと、男性よりも筋肉がつきにくい女性に良いと聞きますが、男性ならではの加圧トレーニングが良い理由があります。

社会人になるとデスクワークなどの座り仕事ばかりになるなど、運動する機会が減ってしまいます。運動不足解消のために運動を行おうしても、昔のように運動をする時間が取るのが難しくなってしまっています。

通常の筋トレは、基本的に週に三回のペースで行いますが、このトレーニングは、基本的に週に一回から二回のペースで行います。また、トレーニングにかかる時間も、一回約40分程度の時間になります。ストレッチなどの軽い運動を上半身下半身、それぞれ10分から15分ずつ行います。

なので、健康のためにトレーニングを行いたいと思っても、時間を取るのが難しいという人にオススメのトレーニングになります。

加圧トレーニングの効果

加圧トレーニングを行った際に得られる効果は色々あります。

デスクワークや車や電車での移動など、長時間、同じ姿勢でいると血の流れが悪くなることで、肩こりや腰痛が起こります。血液の流れが悪くなる以外にも、姿勢が悪い、加齢や運動不足から筋力の衰えなどによって肩こりや腰痛の原因になります。トレーニングによって身体に筋肉がつきやすくなり、ついた筋肉によって脂肪の燃焼が促されてダイエット効果があります。この他にも、トレーニングを行うことで血液の流れが良くなり、血管の若返りの効果や肩こり腰痛の改善に繋がります。

また、このトレーニングは、他のトレーニングに比べてたくさん、成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンには、アンチエイジング効果があり、美肌や髪の艶が良くなります。

まとめ

加圧トレーニングは、速筋と遅筋の両方を刺激するトレーニングが多いので、持久力のある疲れにくい身体が手に入ります。また、腰痛や肩こりの改善、肥満や運動不足の解消、アンチエイジングの効果などのように一つのトレーニングで様々な効果を得ることができます。

加圧トレーニングは、効果が現れるまでに時間がかかります。しかし、短時間で効率的にトレーニングを行うことができるので、仕事で時間を取るのが難しい男性にもおススメのトレーニングです。