• >
  • 加圧トレーニングで使用する器具
       

加圧トレーニング
関連コラム

加圧トレーニングで使用する器具

加圧トレーニングで使用する専用の器具には、インストラクターしか使用することができないものと自宅などで個人で加圧トレーニングを行う際に使用するものがあります。スタジオによっては、インストラクターの指導力や経験だけではなく、指導するインストラクターが扱える専用のトレーニング器具によって料金が変動します。トレーニングの際に使用する専用の器具について、紹介します。

加圧トレーニングの効果

加圧トレーニングは筋トレ以外にも、色々な効果を得られるトレーニングです。このトレーニングは血液の流れを制限して、血液中に乳酸を溜めます。乳酸が溜まると、成長ホルモンなどのホルモンが分泌され、その分泌されたホルモンが身体に様々な効果を与えます。分泌される成長ホルモンは、他のトレーニングと比べて分泌量が多いです。

成長ホルモンが分泌されると、身体に筋肉がつきやすくなります。筋肉には、脂肪の燃焼を促す効果があるので、運動不足の解消だけではなくダイエットの効果もあります。成長ホルモンは、身体に筋肉をつきやすくする効果の他にも、肌や髪に艶を与えるアンチエイジング効果があります。トレーニングによって、血液の流れが良くなることで血管を若返えらせる効果や、新陳代謝が促進されて肩こりや腰痛、冷え性の改善にもなります。

ジムで使用する器具

加圧マスターは、加圧トレーニングのインストラクターの資格を持っている人が使用することができます。インストラクターは、加圧マスターという名前の器具を使って、トレーニングを受ける個人個人の身体に合った圧力を計り、空気で圧力をかけてトレーニングを行います。

圧をかけて血液の流れを制限するトレーニングになるので、安全のために一人のインストラクターが同時に複数人を指導することはできません。
なので、基本的に加圧トレーニングを行う時はマンツーマンのトレーニングになります。特別な機材を用いて、マンツーマンでトレーニングを行うので、トレーニングの料金が高くなります。しかし、トレーニングを行うその人その人に合わせたトレーニングを指導してもらうことができます。

自宅で使う器具

自宅で行う場合には、加圧マスターミニと言う空圧式加圧トレーニング器具や圧力センサー式加圧ベルトの筋力アップクンEXなどを使用します。加圧マスターミニは、ジムで使用する加圧マスターと同じく空気で圧力をかけて血液の流れを制限します。

筋力アップクンEXは、空気圧ではなく、ベルトに設定した圧力によって加圧をします。
かける圧力の設定は、ベルトを購入した際にその時の身体に最適な圧力に設定されます。
圧力の設定は固定になるので、定期的にベルトを購入した施設に行って、圧力の設定を変えてもらう必要があります。
筋力アップクンEXの場合、コンパクトで持ち運びやすいので、旅行先や出張先でトレーニングを行うのに適しています。

加圧マスターミニと筋力アップクンEXを購入する際には、安全に効率よくトレーニングが行えるように、必ず購入セミナーを受講します。加圧トレーニング専用のウェアであるカーツは、手軽にトレーニングを行うことができます。ウェアにベルトが付いているので、それによって圧をかけていきます。

まとめ

加圧トレーニングを行う際は、安全のためトレーニング専用の器具を使用しなければなりません。また、専用の器具を使ってトレーニング中にかける圧力は、身体に合わせて変化していくので、定期的に施設に行って再設定し直す必要があります。

加圧トレーニングは、他の筋トレに比べてトレーニングを行う回数が週に一回から二回と回数が少ないです。また、トレーニング時間も、上半身下半身でそれぞれ10分から15分程度の短時間で済みます。忙しくて時間が無い人などの継続してトレーニングを行いづらいという人に合ったトレーニングになります。