• >
  • 加圧トレーニングでダイエットそのメリットとデメリット
       

加圧トレーニング
関連コラム

加圧トレーニングでダイエットそのメリットとデメリット

加圧トレーニングでダイエットを行う場合には、加圧トレーニングならではのメリットとデメリットがあります。トレーニングを始める前に、行おうとしているトレーニングについて知っておくと、始めてみたけれども思っていたものと違った、自分に合っていなかったという事態を避けられます。また、トレーニングの良いところと悪いところを知っておくと、ただ、トレーニングを行うよりも効率的に目標を達成することができます。

加圧トレーニングの内容

加圧トレーニングは、専用の器具によって腕や足の付け根部分に圧力をかけて、血流を制限します。血流が制限されると、ストレッチなどの負荷が少ない運動で血液の中に乳酸を溜めることができます。血液中に乳酸が溜まると、溜まった乳酸の分だけ激しい運動を行ったと脳が思い、大量に成長ホルモンなどのホルモンを分泌します。この分泌された成長ホルモンによって、様々な効果を得ることができます。

ダイエットのためにトレーニングを行う場合には、週に一回のトレーニングになります。それ以上行うと身体に筋肉がつき過ぎてしまう可能性があります。上半身下半身、別々に血液を制限しながらトレーニングを行いますが、それぞれにかかる時間は10分から15分程度になります。

加圧トレーニングのメリット

加圧トレーニングは、軽い運動を行うだけで、成長ホルモンが他のトレーニングを行うよりも大量に分泌されます。
分泌された成長ホルモンには、身体に筋肉をつきやすくなる効果があります。
筋肉が身体につくと、脂肪の燃焼が促されるのでダイエットになります。
また、筋肉の量が増えると基礎代謝が上がり、脂肪の燃焼がしやすくなり、太りにくい身体になることができます。

分泌される成長ホルモンの働きにはこの他にも、アンチエイジングや皮膚や髪の艶が良くなる美容効果、新陳代謝の促進などがあります。
また、血液の流れが制限されるので、毛細血管の先まで血液が流れます。
これにより血液の流れが良くなり、血管を若返えらせます。
筋肉の増加や血流が良くなると肩こりや腰痛の改善にも効果があります。

週に一回の短時間の軽い運動で、様々な効果を得られます。

加圧トレーニングのデメリット

加圧トレーニングで様々な効果を得られるようになるには、時間がかかります。ダイエット目的の場合には、定期的なトレーニングを始めてから二か月程の時間が必要になります。より高い効果を得たい場合には、トレーニングに一緒に食事制限や有酸素運動を行いましょう。血液が毛細血管の先まで行き渡るために、トレーニング後、肌に赤い斑点が現れる可能性があります。赤い斑点は、二、三日で自然に消えます。

ストレッチなどの軽い運動を行いますが、血流を制限しているので辛く感じる場合があります。ジムやスタジオなどでトレーニングを行う場合には、パーソナルトレーニングになるので、料金が高くなります。自宅などで個人的に行う場合には、加圧専用の器具を購入することになりますが、専用の器具の値段は高額です。血液を制限するトレーニングの関係上、専門の知識が無い状態でトレーニングを行うのは危険です。

まとめ

加圧トレーニングでのダイエットには、加圧トレーニングだからこそのメリットとデメリットがあります。しかし、このようなメリットとデメリットは、加圧トレーニングに限らず、その他のダイエット方法にもあります。

加圧トレーニングを行っているジムやスタジオでは、多くの場合、低価格で体験トレーニングを行っています。興味を持った人は、まず、試しに体験トレーニングに行ってから、本格的に始めるかどうか、判断するのが良いでしょう。