• >
  • お尻を鍛える加圧トレーニングはきつい?
       

加圧トレーニング
関連コラム

お尻を鍛える加圧トレーニングはきつい?

皆さんは、身体のどの部分をきれいにしたいとお考えでしょうか。腰回り?二の腕?それぞれお悩みがあると思いますが、意外と見られているのがお尻です。しかし、お尻の筋肉は普段使わないことが多く、放っておくと弱ってしまいます。

お尻の筋肉を効果的に鍛え、楽をして美尻を手に入れる方法、知りたくないですか?実は、加圧トレーニングを取り入れればサクッとゲットできてしまうんです。

ここでは、お尻を鍛えるための加圧トレーニングについてたっぷり説明をしていきます。

筋トレがきついというのはもう幻想

普段、ダイエットなどを志しても三日坊主になってしまうことはありませんか?過度な食事制限を設定すると途中でやめたくなってしまうかもしれませんし、痩せるためなどに毎日きつい筋トレをこなすメニューを計画しても、続けられずにやめてしまう方、けっこう多いのではないでしょうか。その三日坊主の癖は、加圧トレーニングを取り入れることでなくなるかもしれません。

筋トレがきついというのはもう幻想になってきています。なぜかというと、「加圧トレーニング」という便利なものを活用できるからです。加圧トレーニング、実は筋トレ界隈ではかなりの人気になっています。

加圧トレーニングとは、鍛えたい部分にベルトなどを巻き、血流を圧迫することで負荷をかけ、軽い筋トレでも大きな効果を出すことができるトレーニングのことです。筋トレそのものの回数を減らすことができるので、老若男女それぞれが取り組むことができるんです。運動が苦手という方も、とっつきやすいトレーニングとなっています。主婦やサラリーマンなど、普段の生活ではなかなか鍛えることが難しく、長時間ジムなどに通うことが難しい方にたいへん人気が出ているトレーニングです。

加圧トレーニングはジムなどに通って利用するやり方がメジャーですが、ネット通販などでベルトを購入すれば自宅でトレーニングをすることも可能になっています。アマゾンなど、通販サイトでお尻専用の加圧ができるものを見てみると、スパッツなどが多く出てきます。値段は三千円程度ですので、ジムなどに通えないので普段から履いて鍛えたい!という方は購入を検討してみてはいかがでしょうか。

ただ、一日中履いていると、身体がずっと圧迫され続けるわけですので、体調不良になってしまいます。時間を決めておくように気をつけてください。また、自身の判断で加圧トレーニングをやると、きついトレーニングになりすぎてしまったりして、身体を壊すことがあります。最初はトレーナーに指示をもらうことがやはり大切です。

実はお尻は加圧トレーニングで鍛えやすい

お尻を鍛えるのは、難しいということを皆さんにお知らせしましたが、加圧とレーニンウを取り入れれば短期間で大きな効果を出すことができるんです。ただ、お尻に巻く加圧ベルトは専用のものが必要ですし、専門的な知識がなければ逆に身体に害になってしまうことがあるので、ジムなどでトレーナーに指導してもらうことをおすすめします。

さて、では他の筋肉と比べて、加圧ベルトを使って鍛えやすいのかどうかについてご説明をしていきます。実は、お尻の筋肉を鍛えることは、他の筋肉よりも効率よくできてしまうんです。

例えば、二の腕を鍛えようと思ったら、ベルトを巻いて腕立て伏せなどをするわけですが、二の腕の筋肉がメインでしか鍛えられません。しかし、お尻は足やおなかの中心にある大事な部位ですので、鍛えれば鍛えるほど他の筋肉と一緒に成長し、相互的なメリットが発生します。特に下半身を鍛えたいという方にはおすすめできます。

お尻は太ももと連携しており、重要な部分です。お尻を鍛えることで、太ももやせの効果もあります。しかし、筋トレをサボるとすぐに戻ってしまうので、ジムなどで加圧トレーニングをする場合は、コンスタントに通うことが重要になってきます。

加圧を取り入れたジムなどは昨今増えており、通いやすい駅前などにできています。無料体験などもやっている場合がありますので、気になった場合はいちどたちよってみてはいかがでしょうか。

ただ、気をつけて欲しいのが、加圧ベルトのゴムなどの部分にアレルギーをお持ちの方がいるということです。もし、普段からアレルギーが多いという方は、体験の際などにトレーナーに相談しておくようにしてくださいね。また、持病を持っている、機器を利用することに不安があるという方は、早めに確認をしておきましょう。思わぬ事故やけがは自分で防ぐ必要があります。

美尻になるための加圧トレーニング

では、ここで加圧ベルトを用いた実践的な加圧トレーニングメニューをご紹介しましょう。

まずはお尻を鍛える筋トレで定番の「ヒップリフト」です。仰向けで寝転がり、膝を少し立てます。そのままお尻の筋肉を意識して、ゆっくりあげていきます。その時、呼吸を止めないように気をつけてくださいね。「もう上がらない!」というところまできたら、ゆっくり戻します。背中も鍛えることができ、一石二鳥ですよ!

次は、「レッグカール」です。先ほどのヒップリフトと同様に、仰向けに寝転がります。足は少し段差のある台の上に置きます。片足をゆっくり上げ、かかとをお尻に近づけます。そして、またゆっくり戻します。片足ずつやってくださいね。普段は鍛えにくい太ももの後ろからお尻までを鍛えることができます。

筋トレ全てに通じることですが、意外と呼吸を止めてしまいがちになります。ゆっくり吸って、ゆっくり吐いてが筋トレの基本です。足を上げる間は吸って、下ろす際には吐いて、をしっかり意識してくださいね。呼吸が止まったままですと苦しくなってしまうのと、筋肉に変に力が入ってしまい、思わぬけがの原因になってしまいます。初心者は特に、気をつけすぎるほどくらいでちょうど良いと言われています。

筋トレの回数は人によってそれぞれです。普段から筋トレをしていて、加圧トレーニングを取り入れるという方は比較的回数が多くても大丈夫ですが、全く筋トレをしていないという方であれば、まずは数回から始めてみましょう。トレーナーがいる場合は、最初にどれくらい運動をしているかなどの問診があることが多く、それに合わせて回数を設定してくれます。くれぐれも無理は禁物ですよ。

大事になってくるのは、回数よりも質です。トレーナーに指導をしてもらいながら、正しい姿勢と正しいベルトの使い方を忘れないようにしましょう。かなり負荷がかかるので、毎日よりも間隔を開けた方が効果が出やすいので、休息も大切に!

まとめ

ここまで、加圧トレーニングでお尻を鍛えるメリットや、基本的な加圧トレーニングの情報、役立つ筋トレなどをご紹介してきました。気になるものはありましたか?

加圧トレーニングに興味を持って頂けたら、ベルトを買う前にまず近くに通えるジムなどがないかを確認してみてくださいね。加圧ベルトは最初は専門の方に正しい使い方を教えてもらわなければ、けがをしてしまうこともあるんです。ジムに通う場合は、トレーナーの指示に従い、ゆっくり呼吸をしながら筋肉を意識することがポイントです。

正しいやり方で使うことで、きつい筋トレからは脱却!少しの筋トレでお尻を美尻に変えてしまいましょう。