• >
  • お尻をしっかり締める筋肉作り!おすすめ加圧トレーニング
       

加圧トレーニング
関連コラム

お尻をしっかり締める筋肉作り!おすすめ加圧トレーニング

お尻がたるんでいると言われたことは無くとも、年齢と共に気になってくる部位ではないでしょうか。スキニ―を履きたいけれど、自身が無い!そんなことにならないために、お尻を引き締める必要があります。

ここでは、お尻の引き締めにおすすめな加圧トレーニングについてコツなどをこっそり教えていきます。マスターすれば誰もが羨む美しいボディラインを作れるかもしれません。正しい方法できちんと鍛えて、目指せ美尻!

お尻を「締める」コツ

では早速、どうすればお尻を締めていくのかについて解説をしていきたいと思います。そもそも、「締める」とはどんな状態を指すのでしょうか。皆さんが目指しているのは引き締まったお尻のことですね。余分な脂肪を落とし、程よい筋肉がついた素敵な姿になるためには、「大臀筋」を鍛えなければなりません。

意外にもこの大臀筋、普段はあまり使われない筋肉ですので、鍛えないと弱まっていく一方です。適度な頻度で、正しいトレーニングをすれば大丈夫ですので、ここではトレーニングの前提となる知識をお話しします。

この大臀筋は、お尻全体を覆う大きな筋肉です。しかも、太ももから膝の裏側まで続く靭帯にまで接続する大きな役割を持っています。正しい筋肉へのアプローチを理解していないと、かえって太ももなどが大きくなってしまったりして、本末転倒なことになってしまいます。

また、筋肉がどのような向きで身体に沿っているのかを確認してみると、この大臀筋はなるべくねじらず、真っ直ぐに鍛えていくと効果的であると分かります。筋トレをする際には知っておいてくださいね。

お尻、つまり大臀筋を鍛えるのは至難の業といっても過言ではありません。普段は使わない大臀筋を活動させなければなりません。しかも、そのトレーニングはハードであることが多いです。しかし、お仕事などで忙しい方は身体をそこまで追い込むと、次の日の業務に支障が出てしまうという方もいらっしゃいますよね。

そこを助けてくれるのが、「加圧トレーニング」なのです。加圧トレーニングは短時間で大きな負荷をかけながら、少ない回数で大丈夫ですので、身体を適度な疲労まで追い込んでくれるのに、大きな効果を得ることができます。

引き締まった姿を目指すために加圧トレーニングをどう活用すべきなのかを、次からしっかり説明します。

加圧トレーニングで鍛えられるお尻

加圧トレーニングで引き締めるとはいっても、基本的にはいわゆる筋トレを行っていくことになります。どのようなメニューが良いのかについては個人差がありますが、ここでは一例としてよく行われているトレーニングについて紹介していきます。気になるものがあったら、動画サイトなどでトレーニング名を入れると解説動画が出てきますので、自分にできるかどうかチェックしてみてくださいね。

また、筋肉が鍛えられるのは、筋トレで金細胞が破壊され、その修復の際に強くなります。毎日筋トレをしていては、回復が追い付かないので身体を壊す原因となってしまいます。一週間のうち、筋トレ日とやらない日を設定するようにしましょう。

まずはヒップリフトです。お尻や背中側を効率よく鍛えることができます。これは、まず踏み台を準備しましょう。仰向けで寝転がり、台の上に足を置きます。足は肩幅くらいの感覚をあけて置くようにしてください。両足で台を押しながら、お尻をあげていきます。このとき、腰をそらしすぎないように注意してください。腰をそらしすぎてしまうと、腰痛の原因となってしまいます。

次にご紹介するトレーニングは、バックランジというトレーニングについてです。これは、まっすぐ立ち、足をおへそあたりまで引き上げます。あげたら、ゆっくりと後ろに下ろしていきます。アキレス腱を伸ばすような体勢になったら、もう一度ゆっくりと足を上げて、元の位置に戻します。左右それぞれ繰り返しましょう。

呼吸求めないように、しっかりとしましょう、上げるときに吐いて、下ろすときに枢要にしてくださいね。息を止めていると、こちらも身体がこわばり、けがにつながってしまうことがありますので、十分気をつけてください。

最後に、アダクションというトレーニングについて説明していきます。こちらは太ももをメインで鍛えるトレーニングですが、惜しいと太ももは直結しています。太ももを鍛えることで、同時に鍛えることができるのでご紹介します。

まずは、横向きに寝そべってください。上半紙は起こしてくださいね。身体の右側が床についている場合、上側の左足を曲げて、床に着けてください。右足は伸ばしたままですよ。では、ゆっくりと右足を上げていきましょう。呼吸は止めないように、吸ってください。もうあげられない!というところまできたら、今度はゆっくり息を吐きながら下ろしていきます。

これらの筋トレは、自分一人でやるには難しいものが多いので、大きな姿見などでフォームを確認しながらやることをおすすめします。また、できればジムなどで専門のトレーナーに計画してもらい、指示に従って行う方が安心できますよ。無料体験会などをしているジムもありますので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

美尻を目指せ!男女におススメ

お尻を締めるトレーニングは、これからの季節、水着などを着る機会が増える女性はもちろん、男性にもおすすめです。男性の美尻?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、大臀筋を鍛えるとお尻のラインが美しくなることはさることながら、太ももや膝にまでつながる靭帯と連結していますから、姿勢が良くなり、安定させることができます。

また、お尻が安定することで腰などを傷めずに済むということも報告されています。ひどい腰痛で悩んでいたり、太もものむくみなどに悩んでいる方にもトレーニングはおすすめですよ。

太ももを細くしたいという方でも、太もものトレーニングがお尻にも効くことがありますし、先ほどご紹介した筋トレメニュー以外にもたくさん効果があるものがありますので、ご自身のできるものを選んでみてくださいね。

柔軟性が必要なメニューもありますので、自分がどこまでできるのかをしっかり把握しておくことが必要になってきます。つい過剰評価をしてしまいがちですので、できれば第三者から専門的に指導をしてもらえると良いですよ。

昨今では専門のトレーナーがいますので、相談してみるのも良いですし、自分で動画を見ながらできる範囲でやっていくこともおすすめです。

まとめ

ここまで、お尻を「締める」ということに注目して、大臀筋を鍛える重要性、また
加圧トレーニングを活用してできる鍛え方、おすすめのメニューについて説明してきました。

これからの季節、女性は水着などを着る機会が増えてきます。せっかく可愛い水着を着ていても、お尻がたるんでいてはもったいないものですよね。

加圧トレーニングの魅力は短期間で結果を出すことができることです。今からでも遅くはありませんから、一度無料体験会などを利用して体験してみたり、加圧トレーニングはしなくとも、自宅でメニューをこなしてみることをおすすめします。その時は、無理にやらないように気を付けてくださいね。