• >
  • 週1でOK!お尻の加圧トレーニング
       

加圧トレーニング
関連コラム

週1でOK!お尻の加圧トレーニング

筋トレ、どれくらいの頻度で行えばよいのでしょうか。毎日?二日に一度?様々なうわさが飛び交いますが、私たちとしてはなるべく運動せずにダイエットしたいものです。そんな甘い話はないだろうと諦めかけているそこのあなた!

実は、さくっとダイエット出来ちゃう筋トレが存在するんです。その名も、加圧トレーニング。ここでは、筋トレの結果が出る流れとは?筋肉はどうやって鍛えられるのか?加圧トレーニングはどう活用すべきか?という三点について、たっぷり説明していきます。

筋トレは毎日やっていますか?

皆さんは筋トレをどれくらいの頻度で行っていますか?毎日やっていないと効果が出なさそうだから、毎日きちんとやっているという方もいれば、筋トレは苦手だから気が付いたときにしかやらない、もしくはまったくやらないという方もいるかもしれませんね。

では、その苦手な皆さん、週1なら続けられそうではありませんか?週に一度、そこまで回数が多くなければ、筋トレも悪くは無いのではないでしょうか。そんな夢みたいな話、と思われた方も一度はココを見てみてください!

まず、筋トレをして筋肉を付けるという行動の原理を知っておかなければなりません。筋肉がつく、つまり筋肉を成長させるには一度筋肉を破壊しなければなりません。破壊された筋肉は、修復をするために活発に活動をし始めます。筋肉痛がその破壊されている時に当てはまりますね。

ですので、筋肉を破壊し、修復し、また破壊し修復することを何度も続けていくことで、強い筋肉が出来上がることになります。しかし、筋肉痛が収まらないうちに過度な筋トレをしていては、逆に筋肉を傷めてしまうことになります。通常の筋トレは、二、三日に一度くらいで行うと効果が出て来るようです。

しかし、運動をしたくない方々にとっては二、三日に一度でも苦痛ですよね。できれば運動をしたくない場合、どうすれば良いのでしょうか。そこで、加圧トレーニングを取り入れてみることをおすすめします。

加圧トレーニングとは、専用の加圧ベルトを鍛えたい部分に巻きつけます。巻付けたところが圧迫され、血流が通常よりも制限され、負荷がかかった状態になります。血管は心臓から新鮮な血液と酸素を送る役割を果たしますが、負荷がかかることで通常よりも強い力で送らなければならなくなります。

そんな中で筋トレをすれば、筋肉により負荷をかけることができます。普通に筋トレをしているだけでは、結果を出すには三か月程度かかると言われていますが、加圧して負荷をかけた状態であれば、実は二か月くらいで効果を実感できることもあるんです。

ここからは、筋トレをする上で知っておきたい基本的な筋肉の知識と、鍛えるのが難しいと言われがちなお尻の筋肉はどうするべきなのかをお話していきます。筋肉を知ることで、高価を速く出し、美しいお尻を手に入れられるようになりますよ。

知っておきたい筋肉のキホン

筋肉は、上手に鍛えることで効果をばっちり発揮できます。ここではそんな筋肉のキホンを知っていきましょう。

様々な筋肉がありますが、特にお尻は大臀筋という大きな筋肉に覆われています。他の筋肉を鍛えてももちろん効果はあるのですが、大きな筋肉から鍛える方がトレーニングもやりやすいですし、結果も早く出てきます。

この大臀筋は、上半身と下半身をつなぐ大切な筋肉です。また、太ももの裏にまでつながっているので、太ももを鍛えることでもお尻に影響を与えることができます。筋肉は全身に繋がっていますので、どこかを鍛えると相乗的にほかの部分にも効果が出るので、幅広くトレーニングするのもおすすめですよ。

しかし、どこかを傷めると他の部分も傷つけてしまうので、気を付けてくださいね。筋肉はしっかり正しく努力をすれば鍛えられるので、頑張っていきましょう!

加圧トレーニングでは週1で!

では、加圧トレーニングの効果をばっちり出してくれる理想の期間はどれくらいなのでしょうか。ダイエットや健康のため、様々な気持ちで取り組んでいると思います。そこでは、やはりなるべく早く効果を出してくれるようにしてほしいですよね。

実は、週1で良いんです。筋トレは毎日するものではなく、週に数回で良いとお話してきましたが、まさか週1で良いとは驚かれたのではないでしょうか。先ほども説明をしたように、加圧トレーニングが筋肉に通常の筋トレ最寄も負荷を与えるトレーニングですので、普通なら週に数回ですが、週1という短時間を可能にしてくれています。

週1ならいつでもできる、と慢心してしまうのは危険です。筋トレで一番重要なのは計画です。例えばあなたが二か月後に水着を着る機会があるのなら、そこで一番ベストなお尻で臨みたいですよね。

では、その二か月間を無駄に過ごさないために、いつ、どこのジムに通うかを考えましょう。自宅でトレーニングをする方は、どの時間帯にするのかなど、考えてみましょう。

まずは毎日の流れを確認してみましょう。お仕事は何時から何時までで、どの日に残業などをしていることが多いのでしょうか。土日は休みでも、家族や恋人と過ごす日には予定を入れないようにしたいですよね。そこで、水曜日が一番通いやすい曜日であれば、先に予定帳に書きこんでしまいましょう。

予定が決まったら、ジムのトレーナーとどんなトレーニングを一日どれくらいこなすのかを話しましょう。その話し合いによっては、週2の方が効果が出やすいなどに変更しなければならないかもしれません。

メニューは無理のない範囲で、しっかりこなせるようにトレーナーに決めてもらうとベストです。自宅でトレーニングをする方は、自分ができるより少し上位の回数にしておくと良いでしょう。

お尻を鍛えるトレーニング以外にも、太ももなど下半身を鍛えるトレーニングも取り入れると、より美しいお尻になってきます。お尻は上半身と下半身をつなぐ部分ですので、もちろん腹筋なども鍛えるとベストですよ。

週1でも、トレーニング時間が長かったり、体調によっては短くした方が良い時もあるかもしれませんので、自分で体調がおかしいな、と思ったら無理はし過ぎないようにしてくださいね。加圧して負荷をかけているので、筋肉を傷めてしまうかもしれません。また、人によっては加圧ベルトの素材が合わず、実はアレルギーを持っていて肌が荒れてしまったという方もいらっしゃいます。何が起こるかわからない部分もありますので、自分自身の管理を怠らないでください。

バランスよくトレーニングをして、理想の身体を手に入れるには、諦めないことが一番大事です!週1ができなかったとしても、別日にトレーニングをすれば大丈夫です。

まとめ

ここまで、お尻の筋肉を鍛えるための筋トレの頻度はどれくらいが良いのかについて説明してきました。筋トレが苦手であったり、運動したくない方はどうしようもないのかといてば、実はそうではありません。

加圧トレーニングを取り入れれば、週1で筋肉を十分鍛えることができるんです。週1であれば、毎週何曜日と決めておいて、数十分程取り組むだけです。それなのに、お尻は引き締まり、キュッとするなんて、夢のようですよね。

ただし、加圧トレーニングをする際は専門のトレーナーと一緒にやることを推奨します。お尻は自分で見えるようで意外と見えていないので、トレーナーに筋トレのフォームややり方を確認してもらい行いましょう。