• >
  • 高血圧にも効果あり!?加圧トレーニングとの関係とは
       

加圧トレーニング
関連コラム

高血圧にも効果あり!?加圧トレーニングとの関係とは

血圧が高い状態になってしまう高血圧は、日本で多くの人が患っている生活習慣病です。生活習慣病と聞くと深刻度があまり高くないように感じるかもしれませんが、重大な病を引き起こす原因ともなる深刻なものです。

一体どのような病気なのか、その基礎知識と共に加圧トレーニングをすることによって期待できる効果や反対に注意するべきことなどについてまとめています。非常に身近な病気ですので、自分には関係ないとは思わずに勉強してみてください。

高血圧の基礎知識

高血圧という言葉は聞いたことがあっても、きちんと病気の内容まで理解しているという人は意外に少ないのではないでしょうか?血液は心臓が収縮をしたり反対に拡張することによって全身に送り出されています。この時に血液が血管の内部の壁を押す力を血圧と呼びます。

高血圧というのはこの血圧が正常な状態よりも高い状態のことを言います。血圧が高い状態が続くと、血管が傷ついて固くなっていってしまい血管がつまったり弱くなって破れやすくなったりします。それによって、脳卒中や心筋梗塞といった様々な深刻な病気を起こす危険性が生まれてしまいます。

歳を重ねるほどに血圧は高くなる傾向にありますので、高齢化が進む日本では4000万人を超える人が診断されている程非常に多くの人が悩まされている疾患です。そして原因が塩分の摂りすぎや暴飲暴食、運動不足などにあることから肥満や糖尿病のような生活習慣病と位置づけられています。病院で診断されるのは、上の血圧つまり収縮期の血圧が140mmhg以上、または下の血圧つまり拡張期の血圧が90mmHg以上の場合です。

血圧は一日の中でも生活や行動によって高くなったり低くなったりと変化するものです。しかし高血圧の場合にはそういった変化とは関係なく、常に血圧が高い状態になります。症状の深刻度によってⅠ度、Ⅱ度、Ⅲ度の3段階に分けられていますが、血管は血圧による痛みを感じにくくなっていますので自覚症状が起こりにくく、起こったとしてもはじめは頭痛やめまい、肩こりやだるさといった普段から誰しもが経験するようなものです。そのために症状がかなり進行するまで気が付かないことが多く、気が付いた時には心筋梗塞や脳卒中などが起こってしまうことも少なくありません。

しかしきちんと治療を受けて薬などを服用すればこういった重篤な病気は予防することができます。規則正しい生活や適度な食事を心がけるなど生活習慣の改善をすることも非常に効果的です。血圧計を使用して日々計測をすることで意識して生活することができますし、自分の血圧の平均なども知ることができますので改善に繋がります。

加圧トレーニングで期待できる効果

高血圧の症状と加圧トレーニングには一体どのような関係があるのでしょうか?それはトレーニングを行うことによって症状を改善したり予防をすることができるという効果が期待できることにあります。

加圧トレーニングは腕や足の付け根に加圧ベルトを巻くことで一時的に血流を制限し、加圧と圧からの解放を繰り返しながら運動をしていきます。それによって血管の壁の拡張と収縮が行われて血管自体が鍛えられますので、血管の弾力性を増す事ができます。高血圧の原因となっているのは血管が硬くなってしまうことにありますので、弾力性のある血管を作ることができるということは非常に効果的です。トレーニングによって大量に分泌される成長ホルモンも、血管を若返えらせることができると言われています。

またトレーニング中に加圧ベルトによって血流を制限してしまうと一時的に血液の流れが悪くなりますが、そうすると血管は血液を取り入れようとして広がります。血管が広がったところで加圧から解放すると一気に血液が勢いよく流れ込みますので、血管内に溜まっている老廃物なども押し流すことができて非常に血流が良くなります。

そして高血圧の人は力をぐっと加えるような運動をすることは危険であると言われる場合もありますが、加圧トレーニングはとても軽い負荷で運動を行うので一気に血圧が上がってしまうようなこともなく安心して取り組むことができます。

さらに高血圧の原因である運動不足や肥満といった症状の改善も期待できます。通常のトレーニングよりも多くの成長ホルモンが分泌されるために、脂肪の分解が早く行われますし、負荷も少なくて済みます。これによって高齢者の方や普段運動をしない方であっても取り組みやすいので、おすすめのトレーニング方法と言えるのです。

注意点もしっかり知っておこう

高血圧の人は一般的には強い負荷を短時間にかける筋トレのような無酸素運動を行うと、一気に血圧が上がってしまうため危険なので避けるようにすべきです。そう考えると加圧トレーニングもすべきではないのではと考えるかもしれません。しかし加圧トレーニングに関して言えば、そうとも言い切れません。きちんと注意点を守って行えばトレーニングの効果もしっかりと得ることができます。

加圧トレーニングというのは無酸素運動の一種ではありますが、基本的には軽い負荷をかけて行うものですので行うこと自体には問題はありません。上でもご紹介したように低い負荷で加圧しながらのトレーニングを定期的に継続していくことによって、弾力性のあるより健康な血管を作ることができますし血流を改善することもできるのです。

しかしトレーニングのメニューによっては血圧が一気に上がってしまうような、身体に大きな負担がかかるメニューもありますし、正しい知識がないままで自己流でのトレーニングを行ってしまうと血圧を一気に上昇させてしまうこともあり、とても危険です。こういったことを予防するためには、主治医の指示のもと専門的な知識を持ったインストラクターやトレーナーの指導のもとで行う必要があります。血圧の状態をきちんと把握したうえで、身体に影響のない範囲でのメニューを考えて行っていくことがとても重要なのです。

また身体の状態というのは毎日同じではなくその日の体調や状況などによっても変わってきますので、トレーニングの前後に血圧をきちんと計るようにしましょう。またトレーニングをしている際に少しでも普段と違うことや異常を感じた場合にはすぐにトレーニングを中断して主治医の診察を受けるようにしましょう。

まとめ

高血圧というのは日本で非常に多くの人が患っている疾患で、生活習慣病の一つです。血圧が急に上がってしまうと非常に危険ですので、筋トレのような身体に負担のかかる無酸素運動であるトレーニングは行うことが推奨されていません。

しかし無酸素運動の一つではありますが、加圧トレーニングは注意点をしっかり守って行えば問題なく行うことができます。それだけでなく血管の弾力性を上げて若返らせ高血圧の原因となる血管の硬化を防ぐことができたり、血液の流れを改善して血流を良くすることができるという効果もあります。さらに、少ない負荷であっても脂肪を燃焼させやすく肥満の改善や防止にも繋がります。

加圧トレーニングは普段運動をあまりしない人や、体力のない人、お年寄りであっても取り組みやすいものですので高血圧で悩んでいる方は一度挑戦してみてはいかがでしょうか?しかしその際には無理をせず体調を相談しながら行う、主治医やインストラクターの指示や指導の下で行うといった注意点をしっかりと守るようにしてください。