• >
  • ダイエットをするならこのメニューをこなそう!おすすめ加圧トレーニング
       

加圧トレーニング
関連コラム

ダイエットをするならこのメニューをこなそう!おすすめ加圧トレーニング

女性はもちろん、男性もダイエットに興味がある方は多いのではないでしょうか。けれど、きつすぎる筋トレなどは続けられずに諦めてきた方には加圧トレーニングがオススメです。

加圧トレーニングとは、血管を圧迫することで血流を制限し、負荷を与えながら筋トレを行うものです。通常よりも短期間で結果を出すことができ、人気のトレーニング法といえるでしょう。

ここでは、加圧トレーニングの良さを一番生かすことができるメニューについてたっぷりとご説明していきます。

体重を減らすダイエットなら加圧トレーニングをしよう

体重を減らすには、どんなことをしなければならないのでしょうか。食事制限だと考える方、筋トレだと考える方、千差万別の意見があると思います。

そもそも、体重を減らすとは、余分な脂肪を落としてスリムな身体になる、ということを刺して使うことが多い言葉です。ここでは、脂肪を落として行くためのトレーニングについてお話ししていきます。

脂肪を落とすには、食事制限も筋トレももちろん必要です。しかし、皆さんにも三日坊渦になってしまった経験もおありではないでしょうか。食事制限で夜ご飯はサラダだけ、昼は少なめ、お肉は食べないなど、最初こそできるかもしれませんが、途中で体調を崩してしまうこともあります。筋トレも、「毎日腹筋を百回やるぞ」と思っても、「今日は体調が悪いから」などと理由をつけてサボってしまいがちで、結果的に脂肪は減らせず、ダイエットが趣味のような状態になりたくはありません。

夏までに痩せたいのに、と思った方は「加圧トレーニング」という方法で筋トレをしてみませんか?従来の筋トレは、一日に数十回、または数百回しなければ十分に鍛えることができないと考えられてきました。皆さんもそう思っていて、続かなかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、加圧トレーニングでは、短期でしっかり鍛えることができるんです。それは、その名の通り加圧しながら筋トレをするからなのです。先ほども少し説明をしましたが、血管を加圧することで、血の流れは制限されます。そのため、酸素を運ぶために身体が普段よりも活発になり、その中で筋トレをすることで負荷がかかり、十分鍛えることができるんです。

筋トレが苦手な方でも、回数はかなり少なくても結果が出やすいですし、トレーナーなどの専門家にみてもらわなくとも自分で機器さえあれば簡単に自宅で行えることも魅力的ですね。

では、どんなメニューをトレーニングとしてこなせば結果をさらに出せるのでしょうか。次から、おすすめのメニューについてたっぷり説明していきます。

おすすめメニュー

では早速、どんなメニューが筋肉にきくのかをお話ししていきます。身体の鍛えたい部分ごとに説明していきますので、自分の鍛えたい部分はどこなのかを考えてみてくださいね。

まずは、太ももです。夏になり、露出が少しずつ増えてくると女性は気になってくるのではないでしょうか。太ももの間に隙間が欲しい、女性らしい足になりたい、そんな願いを叶えてくれるトレーニングは「アダクション」というメニューです。

この筋トレは、太ももの内側を鍛えるトレーニングです。日常生活で私たちが使うのは、太ももの外側の筋肉です。こちらは階段を上がったりする度に使われています。しかし、内側の筋肉は意識しなければ鍛えることが難しいです。女性らしい足を目指すなら、内ももを鍛えましょう。外側の筋肉ばかり鍛えていると、筋肉が盛り上がりすぎてしまい、悪目立ちする太ももになってしまうこともあります。

太もも全体が細くなり、隙間もできるトレーニング「アダクション」は、加圧するベルトを巻いた状態で、太ももの間にボールをはさみます。骨盤が移動しないように固定することを忘れず、ボールを太ももで少し潰します。これを数回繰り返しましょう。内ももの筋肉が使われていることを意識するとなお良いですよ。

次は、二の腕についてです。こちらも、暑くなってくると露出が増えますし、男女問わず気になる部分ですよね。二の腕を鍛えるためといって、腕立て伏せばかりやっていませんか?

二の腕を鍛えるおすすめメニューは、「トライセプスエクステンション」です。聞き慣れないという方もいらっしゃると思いますが、しっかり説明していくので心配なさらないでくださいね。

まず準備するものとして、ダンベルがあります。ダンベルが無いという方は、ペットボトルに水を入れて、ダンベルの代わりにしてください。背中などを痛めないためにヨガマットやタオルなどを敷いてから、仰向けに寝転がってください。膝は少し曲げておきましょう。

ダンベルを両手で持ち、天井に向かってまっすぐ伸ばします。そのまま、肘をおらさないよう注意して、ゆっくり曲げます。曲げたときに、肘が九十度になること、また二の腕の筋肉を使っていることを意識してください。数回繰り返しましょう。ただ、トライセプスエクステンションは自己流では難しいことも多いので、トレーナーに指導をしてもらいながら行った方が効果はしっかり出るでしょう。

加圧してトレーニングをする場合、最初はジムなどに通い、トレーナーに教えてもらったり、あなたにあったメニューを設定してもらうと安心して続けられますよ。

自宅でもできるメニューを伝授

自宅で加圧トレーニングをしたいという方は、前提として無理をしすぎないという点を把握しておいてください。自分の采配で回数などを決められることが自宅で行う際のメリットですが、過度にやり過ぎるとデメリットに変わってしまいます。

ここでは、家でも行いやすい筋トレについてお話ししていきます。気になる箇所が多い上半身を鍛えるのにおすすめのメニューをご紹介しましょう。

上半身でも一番気になるのは、二の腕、お腹などではないでしょうか。加圧しながら筋トレをすることで通常よりも負荷がかかり、回数も少なくて済みます。まずは二の腕を鍛える腕立て伏せからです。

腕立て伏せは、正しいフォームでやらなければ筋を痛めやすいです。まず腕をしっかり伸ばし、ゆっくりと下げていきます。「ゆっくり」がポイントです!早すぎると筋肉に負荷がかからないので、気をつけてくださいね。

次は、お腹周りを鍛える腹筋です。皆さんもご存じの通り、まずは仰向けに寝転びましょう。膝は少し曲げておくのがベストです。まっすぐのままだと、身体を起こす時に足の反動を使ってしまい、お腹の筋肉が鍛えられないことがあります。

こちらもゆっくり、腹筋を意識しながら身体を起こしましょう。加圧していることとあいまって、大きな効果を期待できますよ。

まとめ

ここまで、皆さんに加圧トレーニングをする際にやってみると効果が出やすいメニューをご紹介してきました。気になったものはありましたか?ジムなどに通っている方は、トレーナーの方に鍛えたい部分ややってみたいトレーニングを伝えてみましょう。

自宅でやっている場合は、けがをしないように回数や負荷のかけ方に注意をして行ってくださいね。動画サイトなどを参考にする場合も、アップしている方が専門家なのかをチェックして、安心できるかどうかにも気をつけておくべきです。

少しずつでもトレーニングを積み重ねて、自分の理想の身体を手に入れましょう!