• >
  • 何を着る?加圧トレーニングをするときの服装
       

加圧トレーニング
関連トピックス

何を着る?加圧トレーニングをするときの服装

加圧トレーニングを始める場合に、何を着ればいいのかよくわからないという方も多いかもしれません。一般的なスポーツクラブであれば服装は比較的自由ですからノースリーブを着ている方や長そでのウエアを着ている方も多くいらっしゃいます。しかし、トレーニングを始める際には、少し注意が必要です。なぜかというと、加圧トレーニングは加圧ベルトを装着する必要があるからです。安全にトレーニングを行うために避けた方が良い服装もあります。
こちらでは、おすすめの服装とNGの服装について見ていくことにしましょう。

上半身で気を付けること

加圧ベルトを巻く上半身の部分は、二の腕です。そのため、タンクトップやノースリーブなどの二の腕がむき出しになっているタイプのウエアはおすすめできません。なぜならむき出しの肌にそのまま加圧ベルトを巻いてしまうと、かぶれの原因になる恐れがあるからです。特に、敏感肌の方は注意が必要です。ボディクリームを塗っている場合も、加圧ベルトで血流が制限されることでかぶれが起こる可能性がありますので、トレーニングの前にはクリームを塗ることは避けましょう。
遅刻しそうになって慌ててスタジオに駆け付けた場合や、暑さで汗だくになっている時も、汗をしっかり拭きとってから加圧ベルトを巻くことも、かぶれを防ぐためには大切です。

トレーニングには、二の腕が隠れるくらいの長さの袖がついたTシャツが適しています。加圧した状態で、トレーナーが腕の血管がどのような状態になっているのかを確認することも多いので、長そでのTシャツも避けておかれる方が無難です。
しかし、半袖のTシャツならどれでもいいという訳ではありません。加圧トレーニングはあまり汗をかかないとされていますが、それでも全く発汗しないわけではありませんし、加圧トレーニングを行った後、別のエクササイズをおこなう場合もありますので、吸湿性、発汗性に富んだ素材を選ぶようにしてください。
また腕を上下したり体をひねったりする動作も多いですから、伸縮性のある素材を選ぶようにしましょう。サイズは、ご自分のいつものサイズで構いませんが、あまり体にフィットし過ぎたウエアですと動きにくい場合もありますので、少しゆとりがあるものがおすすめです。エアロビクスなどで良く着用するおへそが出るような短いウエアでも構いませんが、さほど汗をかかないため、スタジオ内に冷房が効いている場合はおなかを冷やさないようにご注意ください。

女性の場合はアクセサリーやピアスなどをつけていらっしゃる場合もありますが、長いアクセサリーは運動の邪魔になりますし、思わぬ事故につながる恐れもありますので、なるべくトレーニングをするときは外すようにしてください。そして、これは全てのスポーツに言えることですが、爪も短く切っておくようにしましょう。

下半身で気を付けること

次に、下半身の服装についてご説明します。トレーニングでは二の腕に加圧ベルトを巻きますが、下半身では足の付け根にも装着します。そのため極端に短いパンツはNGです。ひざ丈ぐらいのハーフパンツであれば、特に問題はありません。
トレーニングではスクワットなどの動きも多いですから、素材は上半身と同様、吸湿性、発汗性に富んだ伸縮性があるものを選ぶようにしてください。

ダボダボのパンツが好みという方もいらっしゃると思いますが、だぶついたパンツは加圧ベルトが巻きにくくなってしまうので、避けておかれる方が良いでしょう。逆に体にフィット過ぎているパンツも体が動かしにくく、トレーニング中に気分が悪くなってしまう恐れもありますから、きつすぎず、緩すぎないサイズの物をチョイスしましょう。
スウェットのようなタイプは、生地が厚いため加圧ベルトが巻きにくいですし、ベルトを巻いた際に違和感を感じやすくなりますので、あまりおすすめできません。スウェット素材は伸縮性があるため楽ですし、スポーツに適していると思いがちですが、加圧トレーニングに限っては避けておかれる方が無難です。

また、靴については不要なスタジオも多いですが中にはケガや事故を防ぐために靴を用意してくださいと言われる場合もあります。スタジオによって違うので、事前に尋ねておくと良いですね。もし靴を持参してくださいと言われたら、紐がついたタイプのスポーツシューズであれば問題はありません。靴はいりませんと言われたら、裸足でもいいですし靴下を履いても結構です。靴下も、吸湿性、発汗性のある物が適していますので、普段使いの物よりもスポーツ用の靴下の方が適していると言えるでしょう。

加圧トレーニング専用の服装について

最近は、専用のウエアも多く発売されています。専用ウエアは、加圧ベルトがウエアにもともと装着されていますから、いちいちつけたり外したりする手間がかかりません。思い立ったら着るだけですぐに加圧トレーニングを始めることが出来て、とても便利です。T加圧トレーニングスタジオが自宅や会社の近くにない方や、忙しくてトレーニングに通えない方、自宅で気軽にトレーニングをしたいという方にはおすすめです。気になる値段も、上下セットで2万円以下の物も多いようです。スポーツウエアの中では高いほうかもしれませんが、サイズが合わなくなったり生地が裂けてしまったりしない限りは半永久的に使えますから、スタジオに通うよりも安上がりです。わざわざスポーツショップに足を延ばさなくても、ネットでも購入することができます。

しかし、初心者の方が加圧トレーニング専用のウエアを活用できるかというと、少し疑問が残ります。なぜなら、当たり前のことですが、専用のウエアを来ただけでトレーニングが出来るわけではないからです。ウエアを着た上でトレーニングを行う訳ですから、肝心なトレーニング方法がわからなかったり、自分に合っていなかったりすれば意味がありませんし、ウエア代が無駄になってしまいます。

専用のウエアを購入する場合は、きちんと使いこなせるかどうかを考えてみると良いでしょう。
また、スタジオに通う場合も加圧ベルトの利用がメニューに含まれているスタジオがほとんどですから、わざわざ専用のウエアを用意する必要はありません。
専用のウエアは、ある程度トレーニングに慣れてきた中級・上級の方向けだと言えるでしょう。

まとめ

どんなスポーツを始めるにせよ、おしゃれなウエアや新しいウエアは気分が上がりますし、やる気が倍増しますね。加圧トレーニングの時も、おしゃれでいたいという女性も多くいらっしゃることでしょう。恋人や友達とペアルックにしたいという方もいらっしゃるかもしれません。しかし、やはりスポーツウエアはおしゃれ度よりも機能性を優先させて選ぶことが大切です。おしゃれを優先させた結果、肌がかぶれたり気分が悪くなってしまったりしたら何のために加圧トレーニングを始めたのか分からなくなってしまいますね。
良いウエア選びが加圧トレーニングを成功させる第一歩と言えるかもしれません。この記事が良いウエア選びの参考になれば幸いです。